鹿スジ肉のスープ

鹿スジ肉のスープ

堅田の生き字引の仲野さんからいただいた鹿のスジ肉をスープにしました。クズ肉と小間切れのスジ肉は旨煮にして、大きな塊はスープです。せっかくだから思い切り大きめの切り身にして、圧力鍋で柔らかくなるまで時間をかけて炊きます。別に炊いておいたタマネギ、ニンジンと一緒にじっくり煮込んでできあがり。味付けはブイヨンだけで、食べるときに好みにより塩胡椒を降りかけるプレーンな料理です。しばらくそのままで楽しんで、飽きてきたらシチューかカレーにするのがいつものパターン。たくさんあるから3分割して、下野さんちでカレーに、僕んちはシチューにしようかな・・・(笑)

鹿スジ肉のスープ 煮込み中

鹿スジ肉のスープ

琵琶湖なう 鹿スジ肉の旨煮(17/02/16)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1824.html

琵琶湖の天気(2月20日18時)近畿で4年ぶり春一番!!

2月20日(月)15時の実況天気図

予報通り昼頃から雨が降り始めました。アメダス大津の最高気温は13時9分に11.9度。予想最高気温の14度には届きませんでしたが、まぁよくがんばりましたってとこですかね。12時に7.5度だった気温が13時には11.7度まで上昇。そのときだけ南風が吹いたけど、あとはずっと北寄りの風でした。今日は近畿で4年ぶりの春一番が観測されたらしいですが、琵琶湖はいまいち実感がありませんでしたね。

2月21日(火)9時の予想天気図

明日(火)の滋賀県南部は「北西の風 やや強く 琵琶湖 では はじめ 北西の風 強く くもり 夜 晴れ 山地 では 明け方 まで 雪」北部は「北西の風 やや強く 琵琶湖 では はじめ 北西の風 強く 雪か雨 昼前 から くもり」の予報で大津の予想最低気温2度、最高気温6度。これから冬型気圧配置が次第に強くなって気温が低下。季節は冬に逆戻りです。湖上は強風、南部で朝まで、北部は昼前頃まで雪の恐れがあるからご用心を!!

2月22日(水)9時の予想天気図

明後日(水)は南部、北部とも「南東の風 後 やや強く 晴れ 後 一時 雨」の予報。移動性高気圧が通過して天候回復する予想ですが、後を追い掛けるように前線を伴った低気圧が付いて来て、いい天気は長続きしそうにありません。明々後日(木)は再び天気が崩れて南部、北部とも雨予報。天気のかわり方が忙しいですね!!

東京 気温乱高下 年に何度もない程に(tenki.jp 2月20日19時9分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/yosh_ika/2017/02/20/65561.html

北海道 こんや太平洋側で猛ふぶきに!(tenki.jp 2月20日18時34分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/tajimegu/2017/02/20/65571.html

関東で強風 神奈川で4年ぶり暴風警報(tenki.jp 2月20日18時8分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/02/20/65551.html

九州は「春二番」の荒れた天気(tenki.jp 2月20日17時41分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/j_teshima/2017/02/20/65541.html

風強い関東 帰宅時間は横なぐりの雨(tenki.jp 2月20日16時34分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/y_nakagawa/2017/02/20/65501.html

暴風と高波及び雷に関する全般気象情報 第3号(気象庁予報部 2月20日16時33分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20170220073417.html

強風と高波及び落雷に関する近畿地方気象情報 第3号(大阪管区気象台 2月20日16時11分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/106_01_772_20170220071151.html

近畿地方で春一番 4年ぶり(tenki.jp 2月20日16時0分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/02/20/65462.html

東海地方で春一番が吹きました(tenki.jp 2月19日15時20分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/02/20/65471.html

近畿地方スギ花粉飛散開始(tenki.jp 2月20日13時35分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/y_kohara/2017/02/20/65491.html

関東 徐々に強まる南風 ピークは夕方(tenki.jp 2月20日12時15分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/02/20/65492.html

鳥インフル監視重点区域指定を解除

オオバンの群れ

「野鳥の死骸を発見した場合、素手で触らず、市町や県森林整備事務所への連絡を呼び掛けている」

滋賀・草津の鳥インフル監視解除 環境省
(京都新聞電子版 17/02/19)http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170219000110

草津市の民家の庭で見付かったオオバンの死骸以外に鳥インフルエンザに感染した鳥が見付からなかったことから、環境省は発見地点を中心とする半径10kmの監視重点区域の指定を解除しました。これで終息に向かえば何よりですが、見付からなかっただけで感染した鳥が絶対にいないとは言い切れません。滋賀県は引き続き野鳥の死骸を見付けたときは触れずに通報するように呼び掛けています。琵琶湖で釣りをされる皆さんはご注意を!!

ニュースのこっち側 水鳥の死骸を見付けたら通報を!!(17/01/27)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1718.html

ニュースのこっち側 鳥インフルエンザ確定で琵琶湖岸の水鳥観察会が中止に!!(17/01/22)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1689.html

ニュースのこっち側 草津で鳥インフルエンザ検出!!(17/01/11)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1634.html

琵琶湖の湖底から(2月20日14時6分更新)

琵琶湖の湖底から

ふなずし茶づけを市民が食べ比べ(京都新聞電子版)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170220000027
イノシシが琵琶湖を泳ぐ時代(滋賀報知新聞ネット版)http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0023088
ふなずし討論会に例の人が登場(ChunichiWeb滋賀)http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170220/CK2017022002000036.html
ヒウオ漁が「ほぼ壊滅的」(asahi.com滋賀)http://www.asahi.com/articles/ASK2M3S3JK2MPTJB008.html
自動車任意保険1割値下げへ(asahi.com)http://www.asahi.com/articles/ASK2M5DSJK2MULFA006.html?iref=comtop_list_biz_n04
草津の鳥インフル監視解除(京都新聞電子版)http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170219000110
イサザのすき焼きが旬迎える(京都新聞電子版)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170219000021
小学生の手作りふなずしを試食(ChunichiWeb滋賀)http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170219/CK2017021902000024.html
国立環境研と県など調査成果活用へ協定(asahi.com滋賀)http://www.asahi.com/articles/ASK2K3D9PK2KPTJB004.html
竹生島航路が欠航しまくり(京都新聞電子版)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170218000118
国立環境研と県などが研究連携で協定(YomiuriOnLine滋賀)http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20170217-OYTNT50179.html
国立環境研分室開設で協定(京都新聞電子版)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170217000209
黄砂予測の精度が10%向上(YomiuriOnLine)http://www.yomiuri.co.jp/science/20170216-OYT1T50069.html?from=ytop_ylist

琵琶湖の湖底からhttp://www.biwako.org/kotei/kotei16.htm

東近江で「お茶で琵琶湖を美しく」ヨシ刈り

東近江湖岸のヨシ焼き

「琵琶湖の水質を守るため、古いヨシの刈り取り作業が19日、滋賀県東近江市で行われた」

ヨシ刈り、水質保全に 滋賀・東近江市
(日テレNEWS24 17/02/19)http://www.news24.jp/nnn/news88918257.html

琵琶湖の水質を守るため云々は後から付けた理屈ですよね。そもそもヨシ刈りは、刈り取ったヨシを利用するために行われていて、それが発芽と成長を促進することから習慣的に繰り返されるようになりました。ヨシ焼きもその一環です。

琵琶湖の水質を守るためというのは、利用価値がなくなったヨシをそれでも刈り続けるために考え出した後付けの目的に過ぎません。水質を守る効果があることは否定しませんが、それがすべてであるかのように言いって美化するのは偽善です。希少種の保護を最優先するために生物多様性という概念を考え出して、それがお花畑でどんどん増えて蔓延るようになったのとよく似てますね。

そんな理屈で刈り取ったヨシをゴミにしないために、松明にして燃やしたりして行事として完結させてます。そのイベントに乗っかってきたのが「お茶で琵琶湖を美しく」の伊藤園です。これなら外来魚駆除に遣われかねない得体の知れないマザーレイク滋賀応援基金なんてものに寄付して、ごく一部のマイナーな人達から批判されることはなさそうですからね。

当初は用途指定せず寄付してマネーロンダリングOKになってたのが、今はヨシ帯の再生や維持管理、ヨシボランティア活動促進など具体的な用途を指定するようになってます。たいへんけっこうなことです。イナズマズンドコ自称ロックフェスティバルはどうするんやろね(笑)


伊藤園お〜いお茶 お茶で琵琶湖を美しく。HPhttps://www.itoen.co.jp/itoen-motherlake/index.html

ニュースのこっち側 イナズマロック収益の一部を寄付!! 外来魚対策にと言ったのか言わないのかどっちやねん(17/01/21)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1684.html

琵琶湖の天気(2月20日9時)予想最高気温14度はまたも外れっぽい・・・!!

2月20日(月)6時の実況天気図

前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を東進中。琵琶湖は曇り空から南部で昼過ぎから雨、北部は昼前頃から雨か雪予報。前半南風で大津の予想最高気温14度とか言ってますが、9時現在6.3度までしか上がってません。な〜んかまた外れっぽいですね。これから北西の風にかわったら強く吹いてくる恐れがあるからご用心を!!

全国的に傘の出番 風が強まるので注意(tenki.jp 2月20日8時55分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/anzaihiroko/2017/02/20/65451.html

強風と高波及び落雷に関する近畿地方気象情報 第2号(大阪管区気象台 2月20日5時30分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/106_01_772_20170219203040.html

暴風と高波及び雷に関する全般気象情報 第2号(気象庁予報部 2月20日4時56分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20170219195633.html

5時発表の天気予報
滋賀県南部「南東の風 後 北西の風 やや強く 琵琶湖 では 後 北西の風 強く くもり 昼過ぎ から 夕方 雨」
降水確率 6〜12時20%(雨) 12〜18時80%(雨)
大津の予想最高気温14度
北部「南東の風 後 北西の風 やや強く 琵琶湖 では 後 北西の風 強く くもり 昼前 から 雨か雪」
降水確率 6〜12時60%(雨) 12〜18時90%(雨か雪)
彦根の予想最高気温12度

アメダス大津
今朝の最低気温 2.4度(0時55分)
最大瞬間風速 5.3m/sNE(8時21分)
アメダス南小松
今朝の最低気温 マイナス2.2度(0時12分)
最大瞬間風速 2.4m/sNE(8時38分)
アメダス彦根
今朝の最低気温 3.4度(3時43分)
最大瞬間風速 5.3m/sNNW(8時8分)

琵琶湖の水位マイナス10cm 放水量毎秒220トン(2月20日6時現在)

琵琶湖の水位と放水量

国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所(ながっ!!)http://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/index.php

放水量毎秒220トンでかわらず。水位は昨日から2cm下がってマイナス10cmになりました。15日からずっと毎日1〜2cmのペースで下がり続けてます。どこまで下げたいんでしょうね!?

琵琶湖の天気(2月19日18時)明日は荒れ模様になりそう!!

2月19日(日)15時の実況天気図

アメダス大津の今朝の最低気温は5時38分に0.6度。朝はあいかわらず寒いですね。昼前後は晴れ間が多くなって日が射したけど、夕方前にはまた曇ってきてます。夜の間吹いてた強風は朝にはましになったけど、湖面は1日ざわついてました。最高気温は15時14分に9.4度。キープキャスト開催中でガラ空きの日曜日ですが、空模様はすっきりしないし風も落ち着かないしで、なかなかチャンスタイムとはいきません。まぁ、まだ真冬だから、これぐらいの天気ならましな方ですけどね(笑)

2月20日(月)9時の予想天気図

明日(月)の滋賀県南部は「南東の風 後 北西の風 やや強く 琵琶湖 では 後 北西の風 強く くもり 昼過ぎ から 夕方 雨」北部は「南東の風 後 北西の風 やや強く 琵琶湖 では 後 北西の風 強く くもり 昼前 から 雨か雪」の予報で大津の予想最低気温3度、最高気温13度。前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を東進して、暖かい南風が吹き込み気温が上昇する予想ですが、今度こそ当たるんでしょうか!? 前線の通過後は北西が強まる恐れがあるから要注意!!

2月21日(火)9時の予想天気図

明後日(火)は南部が「北西の風 やや強く くもり」北部は「北西の風 やや強く 雪 後 くもり」の予報。低気圧と前線が東へ抜けて冬型気圧配置になり、寒さが戻りそう。その後、23日(木)頃に一度暖かくなって、週後半は再び寒くなる予想。天気のかわり方が激しいのは、暖かく湿った空気と寒気がぶつかるからです。春の兆候ですね。

全国的に強風 荒れた天気(tenki.jp 2月19日18時45分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/t_itoh/2017/02/19/65431.html

暴風と高波に関する全般気象情報 第1号(気象庁予報部 2月19日16時55分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20170219075601.html

今週の天気 天気と気温の変化大(tenki.jp 2月19日16時39分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/m_hiraide/2017/02/19/65421.html

強風と高波及び落雷に関する近畿地方気象情報 第1号(大阪管区気象台 2月19日16時5分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/106_01_772_20170219070539.html

ドキッ!! 滋賀県から分厚い郵便物が届きました

滋賀県環境政策課から届いた分厚い郵便物

滋賀県から分厚い郵便物が届きました。ついにお叱りの出頭呼び出しが来たかぁ〜!?

嘘です。一昨昨日(木)送ってもらうようにお願いしておいた「滋賀の環境2016(平成28年版環境白書)」です。昨日(土)留守宅に不在通知が届いてて、今日(日)堅田郵便局へ引き取りに行ってきました。滋賀県は仕事早いですね。


滋賀の環境2016

受け取ったのはA4封筒入りのズシリと重いゆうメール。中身は環境白書と同資料編の2冊。環境白書の方は一般市民向けの読み物風にまとめてありますが、資料編はいろんなデータの細かい表やグラフがぎゅうぎゅう詰めで手強そう。必要なときに活用するために、どこに何が載ってるのかざっと目を通すだけでも時間がかかりそうです。

Facebookの複数のお友達から入手の手配をしたと連絡をいただきました。滋賀県民でなくても快く受け付けてもらえたそうです。「バス釣りで普段琵琶湖にお世話になってるから勉強したいと思って・・・」と言ったらとても喜ばれたという話も聞きました。

これから連絡される皆さんは、同じように一言添えてお願いするのがいいかもしれませんね。何も無闇やたらと敵対しようとしてるのではなく、琵琶湖のことをしっかり勉強して自分達が環境のためにできることをしたいんだと!! やってることや願ってることはまさにその通りですから・・・(笑)


ニュースのこっち側 滋賀県が2016年版環境白書を発行!!(17/02/16)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1822.html

竹生島航路が「かつてないほど」欠航しまくり!!

竹生島港.

「1月の2度の寒波では長期にわたって船が出せず、運航する琵琶湖汽船は『かつてないほど欠航が多かった』と嘆く」

湖国の銀世界に明暗 暖冬一転、大雪の滋賀北部
(京都新聞電子版 17/02/18)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170218000118

琵琶湖汽船が運航する竹生島への定期便は冬期の便数が少なくて、長浜港と今津港から毎日各2便が往復しています。大人料金は長浜からが往復2590円(税込み)、今津からが同3070円。それが寒波の影響でかつてないほど欠航して来島客が少なかったそうです。それだけ琵琶湖がよく荒れたということですね。さすがにバスフィッシングも南湖(なんこ)西岸寄りの雄琴からカネカ、自衛隊沖などに船団ができててた1月中旬までとくらべたら、大雪が降り始めた同下旬以降はボートが激減してます。週末を狙ったように大雪が降ったのと、フィッシングショーが隔週で3回続いた影響でしょうね。フィッシングショーOSAKAとキープキャストに両方行って、琵琶湖を欠席してるアングラーってどれぐらいいるんでしょうか!? SNSに普段あまり登場しないけど、フィッシングショーのときになったら出て来る人もいますよね。フィッシングショーが終わったら、天気のいい日を見て釣りに行きましょうね(笑)

プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ