FC2ブログ

ニュースのこっち側 リリース話 OKとアウトの境目は!?

ニッポン放送「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」収録風景

「オカダ:釣りが好きなので、2人でバス釣りとかよく行ってます!
天野:うわ〜、すごい! じゃあもう全然プライベートでも行ったりとか?
オカダ:そうですね。僕、もうだいぶ先輩なんですけど、僕が車を出して、僕が運転するんですよ(笑)
天野:うわ! そのパターンありますよね。後輩が車を持っていないから、先輩が迎えに行くっていうワケわかんないパターンね(笑)
オカダ:で、僕が運転して、釣りのボートの荷物も僕が出してセットして、僕がボートを操船しながら、SHOが釣っちゃって。
天野:あははは(笑)先に釣るのか、SHOが!
オカダ:で、僕釣れずに……。
天野:リリースしてくださいよ! そういうときは!」


オカダ・カズチカ、後輩を可愛がり過ぎて「彼女より丁重な扱い」に?
(ニッポン放送 19/12/07)https://www.1242.com/lf/articles/217586/?cat=entertainment&pg=route930

プロレスラーのオカダ・カズチカが後輩のSHO&YOHを誘ってバスフィッシングに行くという他愛ない話なんですが、パーソナリティーの天野ひろゆきが「リリースしてくださいよ! そういうときは!」という際どいオチをを付けます。FMのニッポン放送だからありかもしれません、TVだったら放送事故ものですよね。あるいは釣り専門チャンネルだったら許されるんでしょうか!?

TVの釣り番組では、例えバスを釣ってもリリースシーンは放送しません。放送したら批判や抗議の電話やメールくるからです。だからリリース禁止の琵琶湖では取材しません。バスを釣ってるシーンを撮影して放送したら殺してることになりますからね。スポンサーに突撃なんかされたら最悪だから、儲かるメディアであればある程そんなヤバイことはしません。

雑誌なんかはもっと微妙ですね。琵琶湖のリリース禁止にバスアングラーや釣り業者が猛反対してたときは何もせず、某出版社なんかは足を引っ張るようなことしかせず、リリース禁止になってからも琵琶湖から遠離ってたくせに、ほとぼりが冷めて強いネタになりそうになったらまた帰って来て、本誌では積極的に扱わないけど、別冊やDVDだけは出したりしてます。

琵琶湖で物を売りたいスポンサーの要望もあるから無碍にはできないしけど、アタマオカシイ人達が突撃してくるのが怖いから本誌で大々的に扱うことはしたくない。琵琶湖限定の本やDVDなら、わざわざそんなもんに突っ込んで来ないだろうというわけです。つまり、自分達は安全な所にいながら、ちゃっかり金儲けだけはしたいんですね。

リリース禁止のときに何もしてくれなかった主要2社のうち1社はバス雑誌をやめました。別の1社はコソコソと目立たないように琵琶湖で金儲けしてます。足を引っ張った2社のうち1社は解散しました。残りの1社は金になりそうなときだけ琵琶湖に姿を見せてるけどネタの扱いは難しそうです。TVはもう話になりませんね。バスアングラーと一緒に闘う気がないんやったら琵琶湖へ来るなよ!!


ニュースのこっち側 沖島に柿本人麻呂の歌碑建立

沖島コミュニティセンター前に設置された柿本人麻呂の歌碑

「淡海の海 沖つ島山 奥まけて わが思う妹(いも)が 言(こと)の繁(しげ)けく」(万葉集 巻11・2439)

琵琶湖の島・沖島に万葉の歌碑建立 「島の歴史残したい」(京都新聞電子版 19/12/08)https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/74375

沖島は保元の乱(1156年)に敗れた源氏の落人が住み着いたと言われてるから、人麻呂が眺めた頃は無人島だったかもしれません。現在港がある平地部は、もしかしたら陸地になってなくて南北に別れた大小二つの島だった可能性すらある、それぐらい昔の話です。

万葉集には琵琶湖に絡んだ歌が多くて、バスアングラーなら理解できそうな地名や情景がいろいろ出てきます。もっとも代表的なのは人麻呂の次の歌でしょうか!?

近江の湖(うみ) 夕波千鳥 汝(な)が鳴けば 心もしのに いにしへ思ほゆ
(柿ノ本人麻呂 巻3・266)

におの浜のなぎさ公園あたりで夕方にカモメが群れ飛んでる姿を思い浮かべそうな歌ですね。ほかにもいろんな歌があって、琵琶湖を航く船や船旅の情景も出てきます。

ささざなみの 志賀の大曲(おおわだ) 淀むとも 昔の人にまた逢はめやも
(柿ノ本人麻呂 巻1・30)

ざなみの 志賀の辛崎(からさき) 幸(さき)くあれど 大宮人の船 待ちかねつ(柿ノ本人麻呂 巻1・31)

いにしへの人に 吾あれや ささなみの 故(ふる)き京(みやこ)を見れば 悲しき(高市黒人 巻1・32)

ささなみの 国つ御神(みかみ)の うらさびて 荒れたる都見れば 悲しも(高市黒人 巻1・33)

旅にしてもの恋(こほ)しきに やましたの 朱(あけ)のそほ船 沖に榜(こ)ぐ見ゆ(高市黒人 巻3・270)

磯の崎 榜(こ)ぎ回(た)み行けば 近江の海 やその湊に 鶴多(たずさは)に鳴く(高市黒人 巻3・273)

吾が船は 比良の湊に榜ぎ泊(は)てむ 沖へな放(さか)り さ夜ふけにけり(高市黒人 巻3・274)

何処(いずく)にか 吾は宿らむ 高島の勝野(かちの)の原に この日暮れなば(高市黒人 巻3・275)

「やましたの朱のそほ船」については諸説あって、「やました」は現在の山ノ下湾を指すという説、岬状に突き出た山の近くを通ってるという説、「朱は」赤く塗った船なのか朝焼け、夕焼けか、いずれを採るかによって描かれた情景はかわってきます。

人麻呂や黒人が「故き京」とか「昔の人」とか言ってるのは、天智天皇が都を大津に移し、わずか5年後の壬申の乱に破れて廃都になった事件とそれに絡んだ人達のことを思い、彼らの魂鎮めの願いを込めて歌ってるんですね。

東(ひむがし)の野に かぎろひの立つ見えて かへりみすれば 月かたぶきぬ
(柿ノ本人麻呂 巻1・48)

人麻呂の作で有名な上の歌は軽皇子が大和国の安騎野に狩猟に出かけたときに詠んだものです。軽皇子は後の文武天皇で、697年に異例の15歳(14歳という説も)という若さで即位したため、祖母で先帝の持統が院政と布くという、前例破りで男系一統ってって何なのかと思ってしまいそうなことが1300年以上前に起こってます。

人麻呂が安騎野で歌を詠んだのは文武即位の直前で、大津遷都は667年だから、わずか30年ほど前のことです。「いにしへ」とか「昔」とか言っても、今の時代で言えば琵琶湖でバスボートが走りだした頃のことで、バスが釣れだしたのはさらに10年以上前です。琵琶湖を昭和30年代の姿に戻すとか、まったく現実的でないことを言ってる人達は、「心もしのに いにしへ思ほゆ」だけなのかもしれませんね(笑)


万葉百歌(山本健吉 池田彌三郎著/中公新書)

人麻呂と黒人の歌は1963年刊の中公新書「万葉百歌」(山本健吉/池田彌三郎著)から引用してます。高校時代に学校の図書館から借り出して読んで、後に親に買ってもらったのがまだ手元にあるんですが、ひさしぶりに本棚から引っ張り出したら、かなりボロボロで平綴じが劣化してバラバラになってしまいそうです。さすがに50年以上前の本だから、Amazonで探しても傷んでるのが多いですね(笑)

琵琶湖なう 琵琶湖の畔で天皇誕生日を祝う(18/12/23)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-5106.html

ニュースのこっち側 極寒のマイアミ浜で八ケ崎神事

マイアミ浜に漬かりながら祝詞を読み上げる兵主大社宮司

毎年の事ながら、これと空手の寒稽古は見るからに寒そうです。12月7日(土)の最低気温は大津3.8度、彦根4.0度。最高気温は大津8.6度、彦根7.9度。雲の多い天気で日が射さず寒い1日でした...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ニュースのこっち側 かつてバス釣りの名所と言われた北山ダムって・・・

北山ダムで釣れたワカサギ

「かつて・・・」ということは、今はもうバスフィッシングの名所ではないということにしたいんでしょうね。いろんな事情で・・・。

北山ダムでは今もNBCチャプターほかいろんなトーナメントが開催されてます。スコア的には確かに簡単ではなさそうですが、6月30日に開催されたチャプター北山湖第4戦では参加22人中18人がウエイインしてるから、へたな琵琶湖のトーナメントよりましなぐらいです...


※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ニュースのこっち側 スマホアプリで入漁券販売!! 日野川のアユ釣り客が3倍に

フィッシュパス起動画面

川釣りはこういう便利なシステムが開発されて普及しつつあるけど、海釣りはアホな漁業法のせいで入漁料を徴収できないからどうにもなりません。協力金名目で小金を徴収するのが関の山です。

琵琶湖はアホの守山市長が県の首長会で外来魚釣りの有料化を提案したりしたけど、現実には問題があり過ぎて公平に料金徴収することは到底不可能です。湖面利用税も滋賀県がやったら、業者や天下りが喜ぶだけで、利用者が喜ぶ形で利用料が還元されることなんかあり得ません。

釣り全般を対象に何らかの条例を作って利用料みたいな形で料金徴収し、同時にルールやマナーを啓蒙するにしても、本気でやろうと思ったら釣り人や釣り業者の協力がなかったらうまくいくわけがありません。そこが琵琶湖レジャー迫害条例の最大の失敗なんですよね...


※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ