FC2ブログ

琵琶湖なう wildcatfishing.comのドメインを引っ越しました

ドメインを引っ越しました

Yahoo!ジオシティーズ閉鎖に備えてwildcatfishing.comのドメインを引っ越しました。設定はレンタルサーバ会社のマニュアル通りにやったら思ったより簡単に完了。サイトの引っ越しなんて5年以上ぶりだから、新しいドメイン情報が各DNSに行き渡るまでどれぐらい時間がかかるかと思って、Facebookのお友達の皆さんに確認をお願いしたら、意外と早くアクセスできるようになったみたいです。

ドメイン追加設定

設定を完了してから1時間ぐらいだけ「サイトが見付かりません」というアラートが出てたけど、すぐに次々と「アクセスできたよ」というコメントが届き始めました。メールも2時間後ぐらいには送受信できるようになって、朝設定して昼頃からは普通に使えてます。

サイトが見付かりません

Bassingかわら版のサイトを開設したのは1996年7月で、もう22年前のことになります。その頃はドメイン情報が行き渡るまで何日もかかってたんですけどね。もう、えらい違いでびっくりしてます。あるいは、ドメイン情報がDNSに行き渡るという概念自体が古いんでしょうか・・・!?

WILDATホームページ

ちょっと自信がなかったサーバの引っ越しを自力で片付けることができて一安心ですが、しばらくぶりにWILDCATのホームページをまじまじと見たら、ほったらかしにし過ぎでちょっとひどいですね。もはや主力はFacebookページとTwitterに移ってるとはいえ、これは早めにアップデートしとかんとあかんなぁ・・・(笑)


「Yahoo!ジオシティーズ」来年3月に終了 Webサイト作成サービス、約20年の歴史に幕(ITmedia NEWS 18/10/01)http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/01/news092.html

琵琶湖の天気まとめ(10月23日20時)雨は明日の明け方までの予報!! 台風26号は猛烈な勢力に

台風26号 世界各国の気象機関の予想モデル

台風26号は太平洋高気圧の南側の端沿いに西進しています。18時現在、中心気圧965hPa、中心付近の最大風速40m/sの強い勢力ま発達しながら20km/hで西北西へ進んでいて、明日(水)から明後日(木)にかけて非常に強い勢力に発達しながら北マリアナ諸島を通過。明々後日(金)には916hPaの猛烈な勢力に発達する予想です。その後の進路は予想が分かれています。本土上空には偏西風が南下していて、台風が北上して来ても接近する前に東へ流される確率が高そうです。

10月23日(火)15時の実況天気図

昨日までの秋晴れをもたらした移動性高気圧は太平洋沖へ抜けて気圧の谷が接近。朝から曇り空で午後は次第に雨になってきました。アメダス大津の最低気温は3時10分に13.2度。放射冷却が弱まって昨日より4.0度も高くなってます。天気がよくないから気温は上がらず、最高気温は14時6分に19.8度で20度に届いてません。今夜は大気の状態が不安定で、急な強い雨や雷、突風、竜巻などの恐れがあるからご注意ください。

10月24日(水)9時の予想天気図

明日(水)の滋賀県南部は「北の風 琵琶湖 では 北の風 やや強く くもり 後 晴れ 明け方 まで 雨 所により 雷 を伴う」北部は「北西の風 琵琶湖 では 北西の風 やや強く くもり 後 晴れ 明け方 まで 雨 所により 雷 を伴う」予報で降水確率は南部、北部とも6〜12時20%、12〜18時0%。大津、彦根とも予想最低気温14度、最高気温22度。次の高気圧が西から近付いて次第に天候回復する予想ですが...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください!!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

琵琶湖なう 芸術の秋 3週連続クラシックコンサート その3

くさつチェンバーオーケストラ第25回定期演奏会

芸術の秋3週連続コンサートの最終日。10月21日(日)は草津クレアホールで草津チェンバーオーケストラの第25回定期演奏会「第2期ベートーヴェンツィクルスIII」曲目はシューマンのチェロ協奏曲とベートーベンの序曲が2曲、交響曲第4番。3週4回のコンサートで聞いた曲を並べると次のようになります。

関西グスタフマーラー交響楽団第8回演奏会
指揮 田中宗利
マーラー 交響曲第8番
10月8日(月祝)京都コンサートホール

カンマーフィルハーモニー京都第10回定期演奏会
オルガン 高橋聖子
ピアノ 法貴彩子
指揮 森香織
リヒャルト・シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」冒頭
ブラームス 大学祝典序曲
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
サンサーンス 交響曲第3番「オルガン付」
10月13日(土)京都コンサートホール

びわこフィルハーモニーオーケストラ第20回演奏会
指揮 井上肇
リスト 交響詩「レ・プレリュード」
シューベルト 交響曲第7番「未完成」
チャイコフスキー 交響曲第5番
10月14日(日)栗東芸術文化会館さきら

草津チェンバーオーケストラ第25回定期演奏会
チェロ 石井奏
指揮 宅間司
ベートーベン 序曲「コリオラン」
シューマン チェロ協奏曲
ベートーベン 序曲「レオノーレ第1番」
ベートーベン 交響曲第4遍
10月21日(日)草津クレアホール


くさつチェンバーオーケストラ第25回定期演奏会チラシ

聞き慣れた曲から初めて生で聞く曲、短い曲、長い曲、日本では聴けないと思ってた貴重な演奏まで、まぁいろいろですが、これだけ聞いたらお腹いっぱいどころか、もっと聞きたくなりますね(笑) 食欲の秋に美味しいものをたくさん食べたら、次はあれも食べたいなってなるのと同じです。

中でも強く記憶に残ったのは、マーラーの8番、シューベルト未完成、チャイコフスキー5番、シューマン・チェロコン。マーラーは「千人の交響曲」のコピーが付いてるほど膨大な人数を要する、世界的にもめったに演奏されない曲です。シューベルトとチャイコはていねいに磨き上げられた演奏で、指揮者が交代して渋めの響きになったびわこフィルの音がよくマッチしてました。シューマンのチェロコンは、初めてオーケストラと共演する若い独奏者が熱演でグイグイ引っ張って、オケにも熱が籠もり協奏曲の面白さに引き込まれました。これはドボルザークのチェロ協奏曲とかもまた聴いてみたいですね。

コンサートは次の週末もあるんですけど、撮影の仕事があるからバス。11月4日(日)は大津市民会館でベートーベン「運命」がメインの大津管弦楽団第134回定期演奏会があって、聴きに行くかどうするか考え中。行く気だったら毎週どこかでコンサートがあります。12月23日(日祝)はびわ湖ホールでブルックナーの交響曲第5番。これはぜひ行きたい!! あと、第9もどこかで1回は行っときたいですね。候補は12月2日(日)の「第九in東近江」かな!? というわけで、芸術の秋はまだまだ続きます(笑)


草津クレアホール

琵琶湖なう 芸術の秋 3週連続コンサート その2(18/10/15)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-4779.html

琵琶湖なう 「千人の交響曲」ではないマーラー交響曲第8番(18/10/09)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-4755.html

琵琶湖なう 水位ロス+放水ロス+ウィードロスで秋後半はどうなる!?

2018年10〜11月の琵琶湖水位と放水量、琵琶湖流域の平均日雨量(サムネール)

上のグラフは昨年10月17日から11月16日の間の琵琶湖水位と瀬田川洗堰の放水量、琵琶湖流域の平均日雨量をまとめたグラフです。10月末まで雨が非常に多く、全開から毎秒250トンの大量放水が20日近く続いて、水位も高いことがよくわかりますね。

10月22日に襲来した台風21号による大雨で、水位は25日にプラス63cッまで上昇。瀬田川洗堰は3門全開を1日挟んで24日から11月2日まで全開放水が続きました。その間、29日にも台風22号の影響によるまとまった雨が降って、全開放水中にもかかわらず再び水位が上昇してます。

<iframe width="320" height="180" src="https://www.youtube.com/embed/u3G-Ntugp-A" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

11月2日からは毎秒250トン放水になって、13日に水位がプラスマイナス0cm前後まで下がったところで、やっと大量放水とハイペースの減水が一段落しました。その後は毎秒25トン放水が続き、11月末まではプラスマイナス0cmからプラス4cmの間を維持してます。現在のマイナス30cm前後に比べたら大幅に高水位ですね。

その間に何があったかと言うと...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください!!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

琵琶湖なう 降水気制限水位から常時満水位へ!! 琵琶湖の水位調整に関するマニアックな話

2018年10月前半の琵琶湖水位、放水量、琵琶湖流域の平均日雨量(サムネール)

琵琶湖は昨日でマイナス30cmの洪水期制限水位から解放されて、今日から常時満水位のプラス30cmが調整の目安にかわりました。水位は10月12日にマイナス30cmまで下がって、瀬田川洗堰の放水量毎秒300トンから一気に同15トンに減らしてます。

雨が多い時期の洪水期制限水位は2段階あって、6月16日から8月31日まではマイナス20cm、9月1日から10月15日までは同30cmになってます。10cm差は梅雨よりも台風の雨の方が恐いということでしょうか!?

2018年8月の琵琶湖水位と放水量、琵琶湖流域の平均日雨量

水位調整のパターンを比べてみると、制限がマイナス20cmの間は水位が上昇したらすぐに放水を大幅に増やして、制限水位へのこだわりを感じさせる放水操作をしてるように見えます。それに対して制限がマイナス30cmの間は、あまりこだわらず同20〜30cmの間だったらいいかっていう感じで余裕を持った放水操作をしてるように感じます...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください!!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ