琵琶湖の水位マイナス16cm 放水量毎秒30トン(2月16日6時現在)

琵琶湖の水位と放水量

国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所(ながっ!!)>http://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/index.php

放水量毎秒30トンでかわらず。水位は昨日13時50分に瞬間的にマイナス13cmまで上昇した後、再び下がってマイナス15〜16cmに戻りました。昨日の琵琶湖流域の平均日雨量は0.7mm。日中は増水、夜間は減水のパターンが続いてます。

琵琶湖なう 初めて聞くサン・サーンス交響曲第3番オルガン付き!! びわこフィル第19回演奏会に行ってきました

IMG_1322.jpg

びわこフィルハーモニーオーケストラの第19回演奏会に行ってきました。プログラムはブラームスの大学祝典序曲とハイドンの主題による変奏曲、サン・サーンスの交響曲第3番。ブラームスの2曲は比較的よく演奏されますが、サン・サーンスはオーケストラにオルガンと連弾のピアノが加わっためったに聴けない曲です。野洲にパイプオルガンがあるのか!? 日本はえらいこっちゃなぁ〜!! と思ってたら、そうではなく電子式クラシックオルガンでした。

電子式クラシックオルガン
これが電子式クラシックオルガン

野洲文化ホールは初めてなんですが、JR琵琶湖線野洲駅のすぐ近くにある交通至便なホールです。駐車場が少ないとのことだったから、JRで行ったら湖西線堅田駅から山科駅で新快速に乗りかえて1時間もかかりません。いわゆる多目的ホールで、びわこフィルがいつも演奏してる音響効果抜群の栗東芸術文化会館さきらでやらないのは、オルガンがあるかないかとかの事情でしょうか!?

野洲文化ホール
野洲文化ホール

演奏はたいへんけっこうでした。前から6列目のほぼ中央の席で聞いたから、サン・サーンスはオルガンの音が強く聞こえ過ぎてる感もあって、もっと後ろの席で聞いた方がバランスがよかったかもしれません。オケは指揮者がかわって音が渋くなったような感じがします。まぁホールも曲が違うからわかりませんが、ウィーンとかベルリンではなく、バイエルンとかミュンヘンとか・・・。こっちも生で聞いたことはないから、知った風なこと言ったら恥かきますね・・・(泣)

野洲文化ホール大ホール
野洲文化ホール大ホール

びわこフィルはアマチュアオーケストラで、近くでこれほどの演奏が聴けるのがたいへん素晴らしいことです。同エリアに瀬田フィルハーモニーオーケストラと草津チェンバーオーケストラもあって、瀬田フィルは7月7日にマーラーの交響曲第7番「夜の歌」をやるそうです。草津チェンバーは5月27日にブラ2。びわこフィルは10月14日にチャイコフスキー交響曲第5番。もう聴きに行かないのはもったいな過ぎます!!

入りは6割ぐらいか!?
入りは6割ぐらいか!?

それはいいんですけどね・・・。すぐ近くで演奏が途切れた間中ペチャクチャしゃべりっぱなしだったババアのグループ。しゃべるのをやめたら死ぬんか!? お前らは町内会のカラオケ大会でも行っとけ・・・!!

びわこフィルハーモニーオーケストラ第19回演奏会パンフ
びわこフィルハーモニーオーケストラ第19回演奏会パンフ

琵琶湖なう 草津チェンバーオーケストラ第22回定期演奏会に行ってきました(17/06/04)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

琵琶湖なう ブラームス4時間耐久コンサート(17/01/09)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1628.html



今年も甘酒を作りました!!

堅田の地酒 浪の音の酒粕
堅田の地酒 浪の音の酒粕

新酒のしぼりたて酒粕が安くなったので、買って来て甘酒を作りました。去年に続いて2回目。建国記念の日の3連休あたりにバレンタインデーのチョコレートが集まりそうだから、そのお返しをホワイトデーまで待たず、白い甘酒ですませてしまおうという大胆かつ巧妙な作戦です。

イズミヤ堅田店で500g入りの酒粕が先着500人限定で198円(税別)に値下がりしてました
イズミヤ堅田店で500g入りの酒粕が先着500人限定で198円(税別)に値下がりしてました

固く絞り切ってないふんわりとした酒粕です
固く絞り切ってないふんわりとした酒粕です

去年は湖南市石部の竹内酒造の泉の香の酒粕を使ったけど、今年は地元堅田の浪の音の酒粕を入手しました。作り方は簡単。酒粕をお湯で溶いて砂糖を加えるだけです。固く絞り切ってない柔らかさが残った酒粕だから、お湯でこねこねしたら簡単に溶けて、滑らかないい香りの甘酒に仕上がります。

お湯でゆっくりとていねいに溶かしていきます
お湯でゆっくりとていねいに溶かしていきます

トロリと滑らかにできあがりました
トロリと滑らかにできあがりました

暖かくてトロリとした甘酒 美味しいですよ〜!!
暖かくてトロリとした甘酒 美味しいですよ〜!!

あとは隠し味の塩を少しと、好みによって生姜汁を加えればできあがり。僕は砂糖だけのプレーンなのが好きだから、生姜汁とかは飲む人の好みで足してもらうことにします。美味しい甘酒飲みたい人はチョコレート持って来てくださ〜い!!



Facebookムービー 寒い日は大鍋でコトコトシリーズ!! 第二弾(18/02/09)https://www.facebook.com/BassingKawaraban/posts/1929147340446952

琵琶湖なう 今年も甘酒を造りました(17/03/25)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-2015.html

電動リールがわけわからん!!

電動リールがわけわからん!!

フィッシングショーOSAKAで入手してきたカタログで電動リールをチェックしてるんですが、機種が増え過ぎてわけわかりませ〜ん(泣) 機種が増えるとともに価格帯が押し上げられて、以前の下位機種が中級クラスにアップグレード。大衆車の代表選手のはずのカローラが3ナンバーになるみたいなことも起こってます。

何がどう違うねんと調べれば調べるほど、機能が一番シンプルで値段の安い機種でええやんとなるという・・・。マイボートでアマダイ釣ってる爺さん連中は、これでも全機能を理解し切れないから、ややこしい付加機能は宝の持ち腐れです。そんなんよりも丈夫で壊れない方がよっぽどありがたいんですよね。

本当の耐久性があるかないかは、使い込んでみないとわかりません。僕が今使ってる電動リールは15年以上前から使い続けてて、液晶のカウンター表示がおかしくなったから修理に出そうとしたら、パーツがないかもしれないと言われるぐらいですからね。そこまで使っても機械的には何の問題もなく動いてます。

それぐらいの耐久性がないと話にならず、とても安心して使ってられません。現場で頻繁に釣りに出てる人達の間では、フィッシングショーのセミナーみたいに勧められなくても、自然に生き残る機種が絞れてきて、特定メーカーの特定機種に偏る結果になります。大勢で耐久テストしてるようなものです。

多彩な新機種が華やかに掲載された最新のカタログを見ると、そこまで耐久テストできてるのかなぁ〜!? と思ってしまうんですよね。モデルチェンジのサイクルが早く、製品寿命が短いのも気掛かりです。そうなったら益々、旧機種と共通フォーマットのシンプルで安価な機種の方が信頼できそうな気がしてしまうんですよね。

バスフィッシングの分野は、リールもロッドもルアーも電動リールなんかよりもっと機種爆増で、カンブリア爆発みたいなことになってますが、本当にちゃんとテストして開発できてるんでしょうか。まぁ、どこかにある製品のパクリなら簡単にできますが・・・。そんなのからさらに後退して、もはや釣ることを放棄してしまってる商品も増えてます。一部のマーケットは、アイドルやアニメオタク相手の物販みたいになってるから、握手券付きのルアーとか売り出す日も近いんとちゃうかぁ〜!!

フィッシングショーの展示を見てると、何の発明もない、既存の製品から目先と能書きをかえただけの新製品のなんと多いことか!! まぁ、コピーやちょっとかえただけの製品でも確かに魚は釣れますけどね。なぜなら、魚が釣れない品物なんか誰もコピーしませんから・・・(笑)


フィッシングショーOSAKAに行ってきました!!

フィッシングショーOSAKA会場内は人だらけ

インテック大阪で開催中のフィッシングショーOSAKA、2月3日(土)の一般公開初日に行ってきました。2日(金)の業者日に行かないのかとよく聞かれますが、もはやタックルを見るのが目的ではありませんからね。いろんな人に会うのと、各業者が釣り人に対してどんなアピールをしてるか、それに釣り人がどんな反応をしてるかを見るのが主な目的だから、一般公開日に行かないと意味がないわけです。ショーの中身を見に行くのではなく、今年のショーはどんなことになってるかを見に行くと言ったらわかりやすいでしょうか・・・(笑)

「釣り文化の継承とファン人口拡大を目的に1964年(昭和39年)から始まり、今年で55回目を迎える老舗イベント。前回は約5万6000人が来場した。今回は過去最大という181社819ブースが出店し、釣り用品の展示や体験などを展開する」

インテックス大阪で国内最大級の釣りイベント 魚拓制作体験やマス釣り体験など
(大阪ベイ経済新聞 18/02/01)https://osakabay.keizai.biz/headline/430/

フィッシングショーOSAKAは今回が55回目なんだそうです。始まったのは1964年だから、東京オリンピックが開催された年ですね。当時の会場は難波駅の近くにあった大阪府立体育館で、僕は小学6年のときに釣り好きの叔父に連れら初めて行って、それが第2回だったと記憶してたんですけど、そうなると数字が合いません。勘違いしてたのかもしれませんが、第50回のときは何も言ってなかったのに、55回になって記念開催で先着1万人に記念品をプレゼントとか、このイベントのゆるさはあいかわらずです。まぁ、そこがフィッシングショーOSAKAらしくて好きなんですけどね。



僕は最初に行ったときから、たった1回だけ何かの用事で抜けただけで、後は毎年ずっと欠かさず行ってます。だから今回で50回目ぐらいになる計算です。朝潮橋の国際見本市会館でやってたあたりまでは電車で行ってたんですけど、インテックス大阪にかわってからは車で行くようになりました。だけど、インテックスの駐車場って元々周囲の空き地を使ってるだけで便利悪かったのが、そこに建物が建ったりして益々不便になってます。そんなこともあって、JRの駅近くに引っ越した今年は電車で行くことにしました。たぶん電車は30年ぶりぐらいです。ここからは写真をどうぞ・・・!!

JRお出かけネットで調べた乗り継ぎ時刻表

JRお出かけネットで調べた乗り継ぎ時刻表。湖西線堅田駅から新快速に乗ると、大阪駅で環状線に乗りかえて1時間ちょっとで弁天町駅に着きます。そこから地下鉄でコスモスクエア駅まで3駅です

地下鉄コスモスクエア駅からイン徹す酢大阪へ向かうシャトルバス待ちの行列

地下鉄コスモスクエア駅からインテックス大阪へ向かうシャトルバス待ちの行列。インテックスまで歩けば約10分。バスは15分間隔だから、1便見送ったら歩いた方が早いことになります。それで片道100円払うのはもったいな過ぎるから、もちろん歩きましたよ

インテックスまで歩け歩け!!

インテックスまで歩け歩け!! 遅く出て来たこともあるけど、天気がよくて滋賀に比べたらぜんぜん寒くありませ〜ん

駐車場の長い行列

駐車場の長い行列。インテックス大阪は駐車場が毎回コロコロかわってるし、へたしたら遠くに停めて歩かされるのがめちゃ不便です

インテックス大阪に到着

インテックス大阪に到着!! このあたりまで来ると毎年のことですがちょっとドキドキしてきます

献血コーナー

会場の手前で献血コーナー発見!! 血の気の多い人はここでたっぷり血を抜いてもらってから会場へ向かうことをお勧めします(笑)

チケットブース

チケットブースで入場券を購入。大人の入場料は1400円。今は1200円の前売り券を買って来る人が増えましたね




6号館Aゾーン入り口

では入場します。まずは6号館Aゾーンから。すでに場内は人だらけです

シマノ電動リール

こんなのを見たり

ミヤエポック

参考のためにこんなのも見てみたり

AZAYAKA

もちろんお仕事用のチェックもちゃんとします(笑)

いそっちセミナー

セミナーはどこも人だかりで近付くのがたいへん

かんちゃん

フィッシングショーOSAKAで毎回会うのがこの人。いつも行列の先頭近くに並んで真っ先に入場するほどの熱の入れようです

アブガルシアブース

今回のショーで一つ気になってたのが、某フリッパーが琵琶湖で開発したロッドが展示されてるかどうか!! チェックしにアブガルシアブースへ来ました

アブガルシアカタログ

カタログにはちゃんと載ってるけど、コンセプト展示とかでモノはブース内に見当たりません。琵琶湖で開発したロッドを大阪で展示せんかったらあかんやろ〜!!

フリップスペシャル

交渉してみたら、バックヤードに持って来てるからと、見せてもらえることになりました!!

フリップスペシャル

独特のセパレートグリップ。リールシートの上側にもグリップがあるのが特徴的

フリップスペシャル

ロッドの商品名は「フリップスペシャル」って、そのまんまやん(笑)

献血終了

献血も終了して、これから引き上げます

弁天町駅とJR切符

JR環状線弁天町駅から湖西線堅田駅まで片道1320円。地下鉄は230円だから片道合計1550円。高速代より安いです

カタログチェック中

電車の中では手に入れたばかりのカタログをチェックしてたら退屈しません

堅田駅から眺めた比良山

堅田に着いたらこれです!! ミッション完了と同時に雪景色の中に戻りました。早く帰ってストーブ入れてレポート書こ〜っと

プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ