FC2ブログ

今夜の魚料理 イラギの味醂干しとヨロリの干物

イラギの味醂干しとヨロリの干物

昨日のサンマとアジの丸干しに続いて、今夜はイラギの味醂干しとヨロリの干物です。イラギはサメのことで、串本の近くの古座で作られる味醂干しは地元ではよく知られてますが、生産量が少なくて広くは流通しません。味醂ダレがよく染み込んだ透明感のある飴色の身を火で焙ると、甘みと旨みと香ばしさが濃厚かつ絶妙のバランスで味と香りに現れます。サメ特有の癖をまったく感じないのが不思議なぐらいです。そのあたりの製造法が、生産量が増えない理由かもしれません・・・。

イラギの味醂干しとヨロリの干物 弱火で慎重に焼いてます

ヨロリはクロシビカマスで、三輪崎沖でもアカムツやオコゼ釣りの外道で釣れますが、これは九州で干物にしたのを仕入れてるそうです。見た目で単純な干物かと思ったら、そうではなくこれも甘みのあるタレを軽く染み込ませてあって、焼いたら身の感じが一気にかわります。昨日の丸干しと違って、今日は弱火でよく温めたフライパンで慎重に焼いたけど、それでも軽く焦げてしまいました。味醂干しは味噌漬けと同じで一瞬で焦げるから焼くときに目が離せません。まぁ表面が少し焦げただけだから、どちらも美味しくいただきました。冬の冷たい風に当てた干物は、海と潮風と太陽の恵みですね(笑)

今夜の魚料理 サンマとアジの丸干し(20/01/11)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6801.html

今夜の魚料理 サンマとアジの丸干し

美味しそうに焼き上がりました
美味しそうに焼き上がったサンマとアジの丸干し

新宮の魚屋さんからサンマの丸干しが届きました。正月に釣りに行ったときに土産に持って帰れないかと思って、品物があるかどうか電話で確認したのを覚えててくれて、送るからと一昨日連絡がありました。

サンマの丸干し
サンマの丸干し

新宮のサンマの丸干しは、熊野灘で穫れる戻りのサンマを冬の乾いた冷たい風に当てて干します。脂が落ちて細く痩せたサンマですが、それでないといい丸干しにならないんですね。

サンマの丸干しはこんな風に尻尾を紐で結んで棒に振り分けにぶら下げて干してあります
サンマの丸干しはこんな風に尻尾を紐で結んで棒に振り分けにぶら下げて干してあります

ここ何年も水揚げがめちゃ少なくて、ほかで捕れたサンマを仕入れて使ったりしてるんですが、それでは本当に美味しい丸干しになりません。釣りに行ったときに買って帰ろうとしても、地のサンマと違うからやめといた方がええよと言われます。昔は豊富に穫れていつでも手に入ったけど、今や貴重品です。

上からヨロリの干物、イラギの味醂干し、サンマとアジの丸干し
上からヨロリの干物、イラギの味醂干し、サンマとアジの丸干し

さっそくいただこうとダンボール箱を開けたら、アジの丸干しとイラギの味醂干し、ヨロリの干物も一緒に入れてくれてました。イラギはサメのことで、串本の近くの古座で味醂干しにしてる、地域限定の知る人ぞ知る逸品。ヨロリはクロシビカマス。九州から仕入れた干物だそうです。

手抜きでフライパン焼きに
手抜きでフライパン焼きに・・・

まず今夜はサンマとアジをいただきました。本当なら網で焼くのがいいけど、手抜きでフライパンで焼きます。弱火でじっくり焼いたら、美味しそうにできあがりました。僕はお酒は飲みませんが、これは酒好きにはたまらんやろなぁ〜。普通にご飯のおかずにしても美味しいし、身をほぐしてお茶漬けに乗せるとかも最高ですね(笑)

こんな感じで手づかみでムシャムシャといただきます
こんな感じで手づかみでムシャムシャといただきます(笑)

今夜の魚料理 タチウオの照り焼き

タチウオの照り焼き

WILDCATの初釣りで釣ってきたアマダイと物々交換でお菓子の妖精さんからもらったタチウオの照り焼きです。指3本半ぐらいの身の厚いタチウオで、岸から一晩に7本も釣ったそうです。アマダイも美味しいけど、脂のよく乗った寒のタチウオのむっちりした身は絶妙な美味しさですね。ほとんどブツ切りにするだけで簡単に煮たり焼いたりできるし、じっくり焼いてあるから中骨だけ残して小骨は気にせずバリバリいただけます。WILDCATで探したら大きなタチウオ釣れんかなぁ・・・!?

今夜の魚料理 アマダイとイトヨリのアラ煮、イズカサゴの味噌汁(20/01/06)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6780.html

今夜の魚料理 ゴマサバの酢じめとアマダイ、イトヨリの刺身(20/01/03)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6766.html

今夜の魚料理 アマダイとカイワリの刺身(19/12/30)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6749.html

今夜の魚料理 アマダイとイトヨリのアラ煮、イズカサゴの味噌汁

アマダイとイトヨリのアラ煮

WILDCATの初釣りで釣ってきたアマダイとイトヨリの刺身の残りのアラを炊きました。味はちょっと薄めで、煮詰めるのも控え目にして、魚の身の旨みを活かす方向で炊き上げます。美味しい魚は何にしても美味しいですね(笑)

イズカサゴの味噌汁

ついでに10月に釣ってきたイズカサゴの頭が残ってたのも解凍して炊きました。普通だったらアラ煮か潮汁にするところですが、正月の雑煮にちなんだ白味噌仕立てで、インスタントの昆布ダシを溶かしたダシ汁にイズカサゴやアマダイの頭をブチ込んで炊きながらアクをていねいに取って、白味噌を溶かし込んで仕上げます。あっさりとした白身の魚は白味噌の淡泊な味によく合いますね。

ハクサイとアゲの雑煮

主食は新年会のすき焼き用に買ったハクサイの残りとアゲを炊いたんにもらい物の餅を入れて簡易雑煮です。この正月は釣りに行って、食べて、また釣りに行って、食べての繰り返しで、太ってるかも・・・(泣)

今夜の魚料理 ゴマサバの酢じめとアマダイ、イトヨリの刺身(20/01/03)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6766.html

今夜の魚料理 アマダイとカイワリの刺身(19/12/30)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6749.html

今夜の魚料理 ゴマサバの酢じめとアマダイ、イトヨリの刺身

ゴマサバの酢じめ

今年最初の魚料理は昨日のWILDCATの初釣りで釣れたアマダイとイトヨリ、ゴマサバです。アマダイとイトヨリは刺身、ゴマサバは酢じめにしました。アマダイの刺身は年末にも食べたけど、イトヨリもなかなか捨てたものではありません。ぜいたくですがアマダイばかり立て続けでは飽きますからね。どちらも白身で旨みの多い美味しい魚ですが、味も食感も微妙に違うから、比べながら食べたら何倍も楽しめます。

アマダイとイトヨリの刺身

しめサバは3枚におろした身を塩で2時間ほど締めたのを昆布を敷いたタッパーに並べて、酢を振り掛けてさらに2時間ほど漬けただけの浅じめです。ほとんど刺身に近い生っぽい酢じめで、冬の脂のよく乗ったゴマサバの美味しさが引き立ちます。残った身はもう一度酢に漬けて締めて、明日もう一度味違いで楽しみます(笑)
ゴマサバの酢じめ

残り物のお節

WILDCAT初釣り釣果(20/01/02)

今夜の魚料理 アマダイとカイワリの刺身(19/12/30)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6749.html

プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ