琵琶湖の天気(2月1日18時)北日本は冬の嵐に!! 琵琶湖はどうなる

琵琶湖大橋西詰めから眺めた南湖(2月1日12時頃)

Facebookムービー 琵琶湖大橋西詰めから眺めた南湖(2月1日12時頃)https://www.facebook.com/BassingKawaraban/videos/vb.100000551141104/1512156208812736/

アメダス大津の今日の最高気温は15時25分に6.4度。昨日から寒い日が続いてますが、今日は朝から曇りっぱなしで、夕方前には弱い雨が降ってくるわ、南湖は南風が強いわのバッドコンディション。沖は白波が立って荒れてましたが、夕方には風向きが次第に西にかわりました。

2月1日(水)15時の実況天気図

アメダス大津の最大瞬間風速は17時55分に西9.5m/s。南小松は18時18分に北7.9m/s。彦根は18時54分に西北西9.9m/s。冬型気圧配置が強まって、今夜から雪の恐れがあり、強風が続く予想です。車の運転は積雪と道路の凍結に厳重注意を!!

2月2日(木)9時の予想天気図

明日(木)の滋賀県南部は「北西の風 やや強く 後 西の風 やや強く くもり 夕方 から 晴れ 所により 昼前 まで 雪か雨」北部は「北西の風 やや強く 後 西の風 やや強く 雪 昼過ぎ から くもり 所により 明け方 まで 雷 を伴う」予報で大津の予想最低気温1度、最高気温7度。冬型気圧配置が次第に弱まる予想ですが南部、北部とも夕方まで強風、北部は雪と雷の恐れもあります!!

2月3日(金)9時の予想天気図

明後日(金)は南部、北部とも「西の風 後 北西の風 くもり 後 晴れ」の予報。西から高気圧が張り出して天候回復する予想ですが、風がどれぐらい弱まるかが問題。大阪は「西の風 晴れ」の予報で予想最低気温3度、最高気温11度になってます。今週末のフィッシングショーOSAKAは、今のところ最終日の5日(日)に天気が崩れて「くもり一時雨」の予報。4日(土)は「晴れ後くもり」の予報で落ちナギの可能性もあるから、土曜日は琵琶湖、日曜日にフィッシングショーが正解ですかね!?



午後から全国的に風強まる(tenki.jp 2月1日17時31分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/02/01/64101.html

今夜から冬型強まり冬の嵐 冷たい北風(tenki.jp 2月1日16時32分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/t_yoshida/2017/02/01/64081.html

暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第1号(気象庁予報部 2月1日16時15分発表)http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20170201071545.html

琵琶湖の深呼吸を確認!! 全循環か全層循環かどっちやねん

琵琶湖北湖

「昨年は暖冬のため、観測史上2番目に遅い3月14日だった。今年はその影響で底層の水温が比較的高く、1月中旬の寒波で表層が冷えて順調に混ざったとみられる」

琵琶湖「全循環」先月26日に確認
(YomiuriOnLine滋賀 17/02/01)http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20170131-OYTNT50225.html

「2007年以降で1月に発生したのは11年(24日)と13年(29日)の2回だけだった。県は、昨年から水温が高く湖水が混ざりやすい状況だったことに加え、今冬の雪や低気温の影響で全循環が早まったとみている」

琵琶湖“深呼吸”、全層循環を確認 過去10年で2番目の早さ
(京都新聞電子版 17/01/31)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170131000161

1月26日に琵琶湖北湖今津沖で全循環を確認したと滋賀県が発表しました。2011年の1月24日に次いで、過去10年で2番目に早い確認です。

京都新聞の見出しは「全層循環」としてますが、記事は「全循環」と「全層循環」が入り乱れてます。記事の最初に出てくる「全層循環」をカギ括弧でくくってるのは意味ありげですね。新聞では初出や耳慣れない用語、いわゆる「○○」のときにこういう表記をします。

過去の記事を調べてみると、去年3月に過去2番目に遅く確認されたときの滋賀報知(16/03/23)の見出しが「全層循環」になってたのが初登場。この記事の本文は「全層の循環」と書いてますが、産経(16/03/15)、中日(同)、朝日(同)、京都(16/03/14)の4紙は「全循環」としてます。それ以前はすべて「全循環」で「全層循環」は見られません。

つまり、これから用語が「全層循環」にかわる過渡期なのかもしれませんが、京都新聞の引用では「早い時期の全循環は・・・」となってるから、県が使ってる用語自体が入り乱れてるのかもしれません。正確な発表文を見てみたいですね!!

全循環が早まったということで興味深いのは、ビワマス釣りのレンジがどうなるかと、ワカサギの接岸も早まるのかどうかです。バスフィッシングには何か影響があるんですかね・・・(笑)


このルアーのどこがオリジナルやねん!?

ダイイングフラッターのそっくりさん

「本企画は『Low Bite』とギターメーカー・ESPによるもので、松崎はギター製作で発生した木工端材を使い、ギタークラフトの技術でオリジナルルアーを完成させている」

釣り好きのSHANK松崎兵太、ギター端材でルアー製作
(音楽ナタリー 17/01/31)http://natalie.mu/music/news/218880

ミュージシャンが趣味でルアーを作るのは勝手だし、知名度を利用してメディアでアピールするのも自由ですが、本当のオリジナルが発明されて以来何億万回もコピーされ続けてるルアーの紛い物を発明者への敬意もなく「オリジナル」と言ってはいけません。これ、本人が言ったんでしょうか!? あるいはメディアがよく調べもせずそう書いてるだけなのか!? まぁ音楽メディアだったら仕方ないとも思いますが、専門の釣りメディアがこれとかわらんことやってるからなぁ・・・(泣) そんなメディアに加担してる金儲けだけが目的の業者や自称釣り人と、それに踊らされてる人達がこぞって集まるイベントがもうすぐ大阪で始まりますね(笑)

琵琶湖の天気(2月1日8時)いい天気は朝のうちだけか!?

2月1日(水)6時の実況天気図

南湖(なんこ)はほぼ快晴。アメダス大津の最低気温は7時にマイナス1.1度。朝の天気がよくなると放射冷覚で冷え込みますね。北湖(ほっこ)沿岸はマイナス2〜3度台ですが、内陸部の信楽はなんとマイナス6.0度です。日本海を東進中の低気圧が津軽海峡付近を通過して、次第に冬型気圧配置が強まり、寒気が流れ込んで日本海側を中心に雪になってきそう。滋賀も夕方頃から雪の恐れがあります。朝だけ晴れて放射冷却で寒くなって、すぐに下り坂って何やねん。せめて1日ぐらい晴れろよ!!

日本海側から次第に雪や雨が降りだす(tenki.jp 2月1日8時56分)http://www.tenki.jp/forecaster/diary/anzaihiroko/

5時発表の天気予報
滋賀県南部「南の風 後 北西の風 やや強く 晴れ 昼前 から くもり 所により 夕方 から 雪か雨」
降水確率 6〜12時0%(雪か雨) 12〜18時30%(雪か雨)
大津の予想最高気温8度
北部「南の風 後 北西の風 やや強く 晴れ 後 くもり 夕方 から 雪か雨 所により 雷 を伴う」
降水確率 6〜12時0%(雪か雨) 12〜18時60%(雪か雨)
彦根の予想最高気温7度

アメダス大津
今朝の最低気温 マイナス1.1度(7時0分)
最大瞬間風速 3.7m/sS(5時52分)
アメダス南小松
今朝の最低気温 マイナス2.5度(6時47分)
最大瞬間風速 2.3m/sN(0時14分)
アメダス彦根
今朝の最低気温 マイナス2.4度(6時36分)
最大瞬間風速 4.2m/sS(6時48分)

琵琶湖の水位マイナス8cm 放水量毎秒150トン(2月1日6時現在)

琵琶湖の水位と放水量

国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所(ながっ!!)http://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/index.php

放水量毎秒150トンでかわらず。水位は昨日から1cm下がってマイナス8cmになりました。雨と雪が止んで3日ぶりの減水です。水位の細かい上下が続いて安定しませんね!!

プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ