FC2ブログ

琵琶湖の天気まとめ(3月25日18時)堅田の最低気温0度!! 今朝が寒さの底で次第に暖かくなりそう

<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FBassingKawaraban%2Fposts%2F2514806815214332&width=500" width="500" height="689" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true" allow="encrypted-media"></iframe>

今朝もよく冷え込みましたね。アメダス大津の最低気温は昨日よりさらに低く5時55分に0.6度。堅田は5時にほぼ0度まで下がってました。寒の戻りがどんどん厳しくなってる感じですが、日中はよく晴れてアメダス大津の最高気温は13時14分に14.1度まで上昇。予想の16度には届いてませんが、だいたいこれぐらいが平年並みです。強烈な寒の戻りがやっと終わって、今日は和歌山でサクラの開花が発表されました。

3月25日(月)15時の実況天気図

15時の実況天気図を見ると、移動性高気圧は東へ抜けて、前線を伴った低気圧が東シナ海から近付いて来てます。南湖(なんこ)は南寄りの風になって、日がよく射したから日中の寒さは大幅にましになりました。朝の寒さとのギャップが大きいですね。今夜は気圧の谷の影響で雲が多くなってくる予想です。瀬田川洗堰の放水量は週末明けになって毎秒49トンから同51トンに増えました。週末が明けたら2日連続の微妙な放水操作です。琵琶湖の水位は一昨日の夕方以降マイナス1〜2cmでほぼ安定します。

3月26日(火)9時の予想天気図

明日(火)の滋賀県南部は「南東の風 後 北西の風 琵琶湖 では 北西の風 やや強く 晴れ 朝晩 くもり」北部は「北西の風 琵琶湖 では 北西の風 やや強く 晴れ 朝晩 くもり 所により 夕方 から 雨」の予報で南部の日中の降水確率0%、北部は6〜12時0%、12〜18時20%。予想最低気温は大津6度、彦根4度、最高気温は大津17度、彦根16度。前線を伴った二つの低気圧が日本海北部と南岸沖を東進する予想ですが...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ニュースのこっち側 ホンモロコ激減の本当の原因

ホンモロコの漁獲量の推移

「県水産課によると、ホンモロコは1995年ごろまで年200〜400トンの漁獲量があり、郷土料理の食材として親しまれていた。しかし、琵琶湖の水位低下で多くの卵が干上がったとされる、95年を境に激減。2004年には5トンにまで減ったが、近年は外来魚の駆除や稚魚の放流などで回復傾向にある」

ホンモロコ産卵保護、4月から捕獲規制 琵琶湖の固有種(毎日jp 19/03/25)

琵琶湖の水位低下で卵が干上がって減ったホンモロコが外来魚の駆除と放流などで増えたっていうのは文章としておかしいんですけど、滋賀県が発表して毎日が記事にしたら、こんなんでも通ってしまうんですね。ちゃんと筋を通そうと思ったら、今は春に水位が上昇したときに、あまり急いで減水させないように放水をコントロールしてることも書かないといけません。ところがそういう文章にすると、だったら95年に水位低下でホンモロコの卵が干上がったのは放水操作のせいとちゃうんかとなるのが嫌なわけです。

1995年の琵琶湖の水位変化グラフ

1995年の水位変動のグラフを見てみると、5月16日にプラス93cmまで上昇したのを大急ぎで下げてます。その後、2004年と2011年にも水位上昇後の急減が起こってますが、95年ほど顕著ではありません。そして現在は、ヨシの根元などの水面近くに産み付けられた卵が干上がるのを防ぐために、水位をあまり急に下げないように操作することになってるわけです。記事は「水位低下」と自然現象のように書いてますが、増水は勝手に起こっても、減水は勝手には起こりません。瀬田川洗堰を開いて放水を増やして水位を下げる以外の方法はないわけです。ということになると、放水を増やして水位を急に下げて卵を干上がらせたんは誰やねんという話になるところですが...


※記事の全文はブロマガを購入してお読みください!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ニュースのこっち側 サンスポが「ジャナドル」発足!! ジャーナリストなめんなよ

YouTuber(ねとらぼ)

飲食店へ取材に行って美味しいとしか言わない人をジャーナリストとは言いませんよね。今はジャーナリストのハードルが地面にめり込むぐらい低くなって、自称ジャーナリストみたいな人もいっぱいいますが、例えば特定業者や勢力から金品を受け取ってる人がその分野についてメディアで何か発言してることを持ってジャーナリストであるかのように言うのは世間に対して嘘をついてることになります。

つまり、タレントとジャーナリストの境界線が問題なわけですが、強大な勢力を持った大人の都合でジャーナリストの居場所がどんどんなくなっていってるのと同時進行でタレントの仕事の幅がピンキリに拡がった結果、ジャーナリストのふりをするタレントが増えてるのが現状です。本物のジャーナリストにとっては、ものすごく生き苦しい時代です。

ジャーナリズムであるとされるメディアも広告収入なしではやっていけません。もし本当に広告収入なしでやっていこうと思ったら...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

琵琶湖の水位マイナス1cm 放水量毎秒43トン(3月25日6時現在)

※記事の続きはブロマガを購入してお読みください!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ