fc2ブログ

ニュースのこっち側 ビワコムシの季節

ビワコムシ

琵琶湖岸から最短距離で約1kmの自宅の外壁にも2週間程前からビワコムシが止まってます。風の弱い日は琵琶湖大橋西詰めで撮影するときにじゃまになってかないません。一番困るのは、気を付けてないとレンズに止まって写り込んでることがあるんですよね。

ビワコムシの正体はオオユスリカとアカムシユスリカで、アカムシユスリカの幼虫は釣りエサのアカムシとしてお馴染みです。両者とも幼虫は湖底にいて、蛹が水面まで泳ぎ上がって脱皮して成虫になって舞い上がります。琵琶湖や淀川下流のコイが巨大化するのは、栄養たっぷりのユスリカがたくさんいるのを楽に食えるからだと言われてますが、本当かどうかはわかりません。

街の人は・・・

成虫の寿命は1〜2日で、その間に交尾して産卵して死にます。成虫が飛び交うのはほんの短い間だけなんですね。幼虫は1年ぐらい湖底にいて、植物プランクトンが分解された有機物などを食べて成長しつつ、いろんな生物の餌になります。モロコをアカムシで釣るのはまさにマッチ・ザ・ベイトなわけです。蛹が泳ぎ上がるときはギルの絶好の食料になるから、駆除でギルが減ったらビワコムシが増える理屈が成り立つはずですが、ニュースに登場してる琵琶湖環境科学研究センターの人はそういうことは絶対に言いません。

琵琶湖では2017年に大量発生して問題になりました。そのときに対策が検討されましたが、見た目はよくないけど特に害はないということで見送られてます。長く続く現象かどうかわからないし、へたに触ったら琵琶湖の底質や水質が問題になって、得にならない仕事が増えそうだから、政治家も行政も研究者もメディアもスルーしたのかもしれませんね。

同じことを何回もアレンジして書くのは面倒くさいから、2017年5月16日の記事を転載しておきます・・・(笑)

--------------------

オオユスリカ(16/12/10)

ニュースのこっち側 ビワコムシは実はいい子だった!!

17/05/16

「人畜無害で環境保全にも役立っているビワコムシ」

迷惑虫「ビワコムシ」が大量発生、壁や車にびっしり…「メチャきしょい」が、実は環境守る“いい虫”(産経ニュースWEST 17/05/12)http://www.sankei.com/west/news/170512/wst1705120002-n1.html

こういう風に書くとビワコムシはいい子に思えるかもしれませんが...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ