今年はビワコムシが多いのか少ないのかどっちやねん!?

ビワコムシ(オオユスリカの成虫)

「数の増減の背景には何があるのか。一つには、近年大量繁茂が問題化している水草との関係が考えられる」

びわこ虫 今年は多い?
(YomiuriOnLine滋賀 16/12/09)http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20161208-OYTNT50318.html?from=ycont_top_txt

記者が話を聞いてるのが琵琶湖環境科学研究センターの主任研究員だから、同センターの管轄である水草の爆増に結び付けようとするのは想定内です。だから莫大な予算がかかろうと何だろうと藻刈り船を徴用して除去しないといけないという話に持って行きたいんですよね。

だけど「今秋、数が増えた理由は、はっきりしない」って、結局そういうことですか!? 「大半のユスリカはまだ詳しい生態がわかっていない」って今まで何やってたんですか!? これって水草爆増の原因を総合的な調査もせず1994年の大減水になすり付けてるのと何もかわらんやん!!

政治家や行政に逆らうことなく、都合の悪い結果が出そうな調査や研究はひたすら避けることで、ご褒美としてもらった琵琶湖環境科学研究センターや琵琶湖博物館の研究者は、原因不明って言ってたら給料もらえるからいいですね。そんなんやから今すぐほしいデータも何もなく、闇雲に駆除や藻刈りすることになってるんやろが・・・!!

「ユスリカがいるから魚も生きていける。見て『うわあ』となるのは無理もないが、少し広い心で接してもらえれば」

ビワコムシには大人の対応を求めるけど、バスやギルは釣り愛好家の意見を無視して、しっかり調査研究することもなく、ロードマップも何もないまま平気で殺し続けるんですよね。言ってることがその場しのぎのご都合主義過ぎて笑けてしまうわ。給料返せよ・・・(泣)


関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ