滋賀県南部で大雪が降った理由

滋賀県南部に大雪(17/01/15)

「今年は、大陸から強い寒気が入り込んだために雪雲が発達し、5000〜6000メートルほどまで高度が達したとみられます。そうなると、雪雲は、高い山を乗り越えることができ、地形の影響を受けることが少なくなります。湖北に加え、東近江など県南部でも大雪になったのはこのためです」

なるほドリ 県内の今年の大雪はなぜ?
(毎日jp滋賀 17/03/01)http://mainichi.jp/articles/20170301/ddl/k25/070/560000c

琵琶湖の天気がややこしい原因の一つとして、周囲を1000m級の山々に囲まれてることがあります。冬の天気のかわり方が極端なのは、雪雲がこの山に堰き止められてるか、越えて来るかで雪になったり晴れたりするからですね。地形的に雪雲が抜けて来やすい所で雪が多かったりするのも同じ理由です。毎日の記事の説明によると、この冬は大陸から強い寒気が流入して雪雲が高度5000〜6000mまで発達して軽く山を越えたために、雪の降り方が例年と違って東近江などでも大雪になったとのことです。それだけ寒気が強かったということですが、気象庁のまとめでは「全国的に寒気の南下が弱く暖冬」だったそうです。琵琶湖は雪がよく降って、風も強くて、荒れる日が多かった実感とは異なりますね。3月になっても気温の低い日が続いて、来週もまだまだ寒そう。いつになったら暖かくなるんでしょうか!? こうなると週末毎のバスの釣れ方が嫌でも気になります。先週末のB.A.I.T.ウインターフェスティバルはまだまだ冬っぽい釣れ方でしたが、来週末のB.A.I.T.第1戦まで2週間でどうかわるでしょうか。春に向かって要注目ですね!!

全国的に暖冬=北海道から北陸は少雪-気象庁(jiji.com 17/03/02)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030100982&g=soc

琵琶湖なう 琵琶湖プロトーナメント ウインターフェスティバルまとめ(17/02/27)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1883.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ