漁師が獲ってるホンモロコが絶滅危惧種って笑うしかないっ!!

精原細胞から作製された精子を使って生まれたホンモロコ

「琵琶湖固有種で、環境省の絶滅危惧種に指定されているホンモロコ(コイ科)」

ホンモロコ 種の保存に光
(YomiuriOnLine滋賀 17/03/07)http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20170306-OYTNT50171.html?from=ycont_top_txt

漁師が獲ってる魚が絶滅危惧種とか笑ってしまうわぁ〜!! ホンモロコは絶滅危惧ⅠA類に指定されていて「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」とされていますが、稚魚の生産技術が確立して琵琶湖に放流してるし、琵琶湖以外でも休耕田を池にしてジャンジャン養殖して出荷してます。種の保存には何の心配もないんですけど・・・(笑)

外来魚バッシングのために二ゴロブナやホンモロコが絶滅しそうだと騒いで、それを後押しするために指定したのをいまだに引きずってるという、長良川河口堰の建設を後押しするためにサツキマスの指定を解除したのと完全に逆パターン。現在の環境省が環境のことなんかどうでもいい利権一筋のお役所であることがよくわかるささやかな一例です。

「漁獲量は1974年に372トンだったが、外来魚による捕食のほか、産卵場の湖岸が水位調整で干上がるなどしたため、2015年には16トンに激減」

外来魚と水位調整の影響を書くんだったら、それ以前の根源的原因である公共事業による湖岸の産卵場の破壊も書かないと記事のバランスが取れませんよね。読売の記者はこれ書いてて気持ち悪くないんでしょうか!? こういうのをレッテル貼りの印象操作と言います。読売が大好きな総理大臣が国会で野党から突っ込まれてピンチになる度に言ってるのと同じことを自分がやってたらあかんやろっ!!


関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ