ヒウオの群れは沖に偏在!!

ヒウオの群れの分布

「漁連関係者からは『沿岸の水質がアユに合わなくなってきているのではないか』『生態系が狂ってしまった。このままでは、琵琶湖の漁業が壊滅する』などと懸念する声が相次いだ」

琵琶湖 アユの群れ、沖合に偏り 不漁の原因? 沿岸部、平年の3%
(産経ニュース 17/03/31)http://www.sankei.com/region/news/170331/rgn1703310064-n1.html

「会議では、県側が『アユの体長が四センチ以下と小さく、沿岸部に向かう六センチ以上には成長していない』と説明」

アユの群れ、まだ沖合 産卵遅れが影響
(ChunichiWeb滋賀 17/03/31)http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170331/CK2017033102000009.html

「沖合も含めた全域調査では昨年の1・2倍にあたる252群が見つかり、『成長が遅く、沖合に偏って分布している』と分析。沿岸のえりで漁獲が増えるのは4月以降になると推測」

琵琶湖のヒウオ、沿岸部で激減 県調査に漁業者ら懸念
(京都新聞電子版 17/03/30)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170330000155

12月の解禁から不振が続いてる琵琶湖のヒウオ漁について対策会議が開かれ、昨年の1.2倍の群れが確認されたが成長が遅く沖に偏って分布しているとの調査結果が報告されました。岸近くにいないからエリで穫れないという分析です。この結果に対し漁業関係者からは不安の声が続出。漁協組合長らは「完全に生態系が狂ってしまったのではないか」などと懸念を示したとのことですが、コアユに限っても人工河川に養殖親魚を放流して産卵させないと維持できない生態系って、そもそも本来のものではありませんよね。生態系などという難しい言葉を素人が自分らの都合に合わせて便利よく使うなよ!!

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ