揖保川のアリゲーターガーがついに捕まる

加古川で釣り上げられたアリゲーター

「ガーの習性を調べ、タチウオ用のワイヤとチヌ用の針を使い、餌はサンマの切り身だったという」

ついに釣り上げた 揖保川でアリゲーターガー捕獲
(神戸新聞NEXT 17/05/11)https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201705/0010178127.shtml

「8カ月ぶりの出現を受け、市は今年も駆除のため網を仕掛けたが、今のところ捕まえられていない」

アリゲーターガー、8カ月ぶりに顔出す 名古屋城の外堀
(asahi.com 17/05/11)http://www.asahi.com/articles/ASK5C56QQK5COIPE013.html

漁協がビリビリまで繰り出して捕獲できなかった揖保川のアリゲーターガーを姫路市の釣り人が釣り上げました。109cm、9.6kgあったそうです。名古屋城の濠では8カ月ぶりにアリゲーターガーの姿が確認されましたが、市が仕掛けた網にはいまのところ掛かってません。

昨年12月に高校生が加古川でアリゲーターガーを釣ってますよね。もう答は出てます。漁師とか市とか無能なアホにいくら税金遣わせても無駄に浪費するだけです。ビリビリなんか他の生物への影響を考えたら環境破壊の可能性すらあります。琵琶湖のビリビリの様子を見てたら、そのことがよくわかります。さっさとあきらめて釣らせろよ!!

「環境省は特定外来生物に指定する方針」で、釣り人に先を越された揖保川漁協組合長は「来春からガーの飼育は届け出が必要になるが、放流は絶対にやめてほしい」と悔し紛れに言ってますが、届け出や登録が必要になったら面倒がって飼うのをやめて逃がす人が必ず出てきます。

10万を超える反対のパブリックコメントと100万を超える反対署名と専門家会合の延長審議の結論を無視して当時の小池百合子環境大臣がバスの指定をゴリ押ししたときからずっとそのことを言い続けてるけど、環境省は次々と指定種を増やして駆除するだけで、拡散に有効な対策は何一つできてません。ミドリガメの指定が先延ばしになってるのは、膨大な匹数飼われてるのが逃がされるのを恐れてるからです。

特定外来生物に指定したら問題が解決すると思ってるのはアホな漁師の爺さんぐらいです。そう思わせて甘い汁に有り付いてる奴らがたくさんいるから、莫大な税金が永久に遣われ続ける不滅の産業になってしまってます。琵琶湖では補正予算3億円余を遣って駆除したオオバナミズキンバイがそろそろ復活し始めてます。次の仕事の苗はやっぱりちゃんと残してあったんですね(笑)


ニュースのこっち側 揖保川漁協vsアリゲーターガー 0勝6敗で第7戦へ(17/05/03)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-2231.html

ニュースのこっち側 ビリビリよりも有能な高校生!! 加古川のアリゲーターガーをキャッチ(16/12/29)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1589.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ