駆除バスの皮を使った財布など 姫路の皮革メーカーが製品化

駆除バスの皮を使った財布

「マグロは、同大で卵から成魚まで育てられ、飲食店などで提供の際に廃棄される皮を再利用。ブラックバスは、琵琶湖で駆除を進める沖島漁協(滋賀県近江八幡市)から仕入れた。いずれも原料の確保が安定しているのが利点という」

すギョい!マグロやブラックバスの皮で革小物
(神戸新聞NEXT 17/05/27)https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201705/0010229153.shtml

この書き方だと駆除バスをまるごと仕入れて皮だけを使ったのか、身を食材用に処理した残りの皮だけを仕入れて使ったのかはわかりません。それともう一つ、駆除は県の助成金で買い上げるから駆除なんですよね。身や皮を売ったら駆除ではなく普通の漁です。漁じゃないって言い張りたいから、駆除ってことにしてるんでしょうか!? そういうことにしておいた方が環境保護に貢献とかで売れると思ってるんでしょうか!? 釣り好きの社長はそこまで計算してやってるんでしょうか!? 記事をサラッと読んだだけでこれだけの疑問が出てきます。そんな問題意識のかけらもなく、買って自慢するバスアングラーがいたらめちゃ格好悪いよね・・・(笑)

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ