草津チェンバーオーケストラ第22回定期演奏会に行ってきました

草津チェンバーオーケストラ第22回定期演奏会

今日は昼から草津クレアホールへ行ってきました。草津チェンバーオーケストラの第22回定期演奏会で、プログラムはシューマンの交響曲第1番「春」とブラームスの交響曲第1番。草津チェンバーのコンサートはまる1年前の昨年6月6日に続いて2回目です。

ブラ1は今年1月9日のセタフィルの交響曲1〜4番連続演奏でも聴きました。ブラ4は一昨年6月13日の滋賀医科大学管弦楽団の第62回定期演奏会でも聴いてます。一昨年から滋賀のアマチュアオーケストラのコンサートに行き始めて、聴いた交響曲の半分はブラームスです。まぁ、セタフィルの1日に4曲が効いてるんですけど、ブラームスが流行ってるとかでしょうか・・・(笑)

草津チェンバーはうまいですね。シューマンはアップテンポな曲ですが、急ぎ過ぎずバランスを崩すことなく、ていねいに音を積み重ねるイメージの演奏です。生で聴いたら、ものすごくたくさんの音が複雑に絡み合ってるのがよくわかります。

ブラームスは、セタフィルが4曲連続の最初の演奏であっさりめだったのに比べて、草津チェンバーは濃厚で振幅が大きいこってり系。これは指揮者の演奏スタイルなのかもしれません。そしてアンコールのヨハン・シュトラウス2世の「春の声」はウインナワルツ独特のリズムを見事に弾きこなすという・・・。もう、お見事でした。昨日のプラクティスでフルトヴェングラーと比べて失礼しました(笑)

1年前のコンサートはベートーベンチクルスの1回目でピアノ協奏曲第1番と交響曲第2番、第3番のプログラムでした。それが今回はシューマンとブラームス。次回は11月26日にベートーベンの3番「英雄」をやって、春はブラームスとシューマン、秋にベートーベンでチクルスを続けていく計画だそうです。

これは聞き逃したくないけど、英雄はビワコオープン第4戦と日程が重なってるんですよね。先週末の琵琶湖フィルの「運命」もビワコオープン第2戦と重なってて聴きに行くことができませんでした。すさみビルフィッシュトーナメントの週はバスの大会やるなって強い意向を行使したけど、オーケストラのコンサートはそういうわけにいかないのが辛いですね(泣)


琵琶湖なう ブラームス4時間耐久コンサート(17/01/09)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1628.html

草津チェンバーオーケストラ第22回定期演奏会案内はがき

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ