FC2ブログ

池の水ぜんぶ抜いたらカワセミが帰って来た!! って3カ月で何がわかるねん

かい掘りから3カ月後の習志野市の池でエサを取るカワセミ

「番組企画時に、制作者が着目したのは『何がでてくるかわからない、という怖いもの見たさ感覚』の面白さでした」

カワセミもやって来た! テレビ東京が「池の水ぜんぶぬいてみた」理由とは
(THE PAGE 17/09/25)https://thepage.jp/detail/20170925-00000005-wordleaf

「よくもまあこんな一点突破なザックリ企画を通したものである。さすが、いつも『タイトルを読めば内容が全部わかる番組企画を募集』しているテレ東らしい」

『池の水ぜんぶ抜く』の人気ぶりを『イッテQ!』放送作家が分析してわかったこと
(週刊女性PRIME 17/09/25)http://www.jprime.jp/articles/-/10656

「開設から40年、一度も水を抜いたことはなく、家庭などから放流された外来種のカメなどが繁殖、水は濁っていた。数年前にはハスが池全体を埋め尽くした事もあった」

「池の水全部抜く…」から3か月、キレイになった池にカワセミが生息
(スポーツ報知 17/09/19)http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170918-OHT1T50106.html

テレビ東京のかい掘り番組が、裏のNHK大河ドラマを視聴率で上回ったそうです。ここまでくると、局と出演者の金儲けでしかない自称チャリティー番組に釣られて、ささやかな寄付をして私もいい人みたいな、壮大な勘違いが起こりそうな嫌な予感しかしません。

40年間ほったらかしで汚れるままだった池の水を入れかえたらカワセミが帰って来たぁ〜!! とか言って喜んでるのなんか、このパターンにズッポリはまってる好例ですよね。せめて数年は様子を見ないと、どこでどんなリバウンドが来るか知れたものではありません。自然とはそういうものですからね。水抜きから3カ月でカワセミが来たって喜んでるのは、短絡的でおめでたい限りです。

今のメディアには、そういう慎重さがありません。早くネタにしないと、よそに抜かれてしまいますからね。まだ4回しかやってないかい掘り番組が、人気が出て視聴率がアップしただけで持て囃されるのも同じ理由です。そうなったら、ありとあらゆるメディアが擦り寄って来て、ますます評判になります。お互い持ちつ持たれつですからね。そこにどんなリバウンドの可能性があるかなんて、誰も考えたりしません。

40年間汚れるままに放置されてた問題点には触れず、水抜きしたらきれいになりましたって3カ月後だけを見て言ってるのは、外来種が全国に拡がった根源的な理由には絶対に触れることなく、飼育も譲渡も移動も禁止して駆除さえすれば環境が回復すると言ってるのと同じです。ということは、駆除すればそのときその場の外来種は減ってるけど、全体の環境回復には至らないか、むしろ悪化させてることもあるのと同じで、TV番組の本質を考えれば、やりっ放しのほったらかしになる可能性が大いにあります。

番組が手を付けた池はきれいになったかもしれないけど、この先どうなるかはわかりません。一部の池がきれいになったことが、がんばってますのアリバイになって、取り残された池は現状よりひどくなる恐れすらあります。「この池もお願いしたい」って言うだけで、自分がやろうとしないのなんか、その兆候が早くも出てるんじゃないかと心配です。環境保護活動を一過性のブームで盛り上げるのはいいけど、その本質は我慢強く根気よく続けていくべきものですからね。TVは助けにはなっても、主体にはなり得ません。TVを主体にしたら、ネタとして使い捨てられるだけです。

TV番組について言いだしたら長くなるからやめときますが、一つだけはっきりしてるのは、こんな番組をいくらやっても、本当の環境のためなんかには絶対ならないということです。世間で評判がいい番組を観てる自分はいい人だと、TVにべったりズッポリの視聴者を安心させるだけです。そのうちネタに詰まったら、視聴者参加かい掘りとかやったりして・・・。そんなのに喜んで参加する視聴者って、深い考えもなく駆除大会に参加してる人達と、思考パターンが本質的にかわりませんよね(泣)


「外来魚はなく、市内の水辺環境に詳しい篠山東雲高校の田井彰人教諭(48)は『比較的健全な生態系の池だった』とまとめた」

ため池の水全部抜くと… 篠山で生物観察会
(神戸新聞NEXT 17/09/24)https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201709/0010582084.shtml

これなんか観察会と自称してるけど、やってることは池の水抜きついでの駆除ですよね。その結果、ミドリガメやジャンボタニシ、ウシガエル、アメリカザリガニは見付かっても、外来魚さえいなかったら「比較的健全な生態系」ってアホやろっ!! 駆除を見せ物にしてるようなTV番組ばかり観てると、こんなお花畑なことになってしまいますよぉ〜!!

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ