FC2ブログ

小池は小池 Part2 #リメンバー外来生物法

化けの皮が剥がれた緑のタヌキ

「大手メディア各社の衆院選の序盤情勢調査が出そろったが、希望の党はいずれも60議席前後にとどまる。公認候補235人のうち実に4分の3が討ち死に必至だ。大失速の要因は、権力欲ムキ出しの“緑のたぬき”の化けの皮が剥がれたこと」

選挙後に始まる“小池降ろし” 独裁気質に有権者もソッポ
(日刊ゲンダイDIGITAL 17/10/14)https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215491

10万を超える反対のパブリックコメントと100万を超える反対署名を無視してバスの特定外来生物指定をゴリ押しした当時の環境大臣で現在は絶望の党代表の本性が今回の衆院選を通じて隠しようもなく露わになりつつあります。まぁソースが日刊ゲンダイだから、かなり盛ってると思った方がいいかもしれませんが、他メディアの扱いが一時の熱狂はすっかり忘れたかのようにクールになりつつあるのを見ても退潮は事実のようです。

外来生物法のときも今も、やってることにかわりはありません。私がトップなんだから決めるのは私よ、私の意に沿わない意見は排除〜!! とやったわけです。外来生物法のときは、まだまだ残された問題が多過ぎるから審議を延長しようと専門家会合が合意したのに、バスはこの法律の目玉だからと、それをひっくり返して指定を強行しました。今回は、元民進党議員に黒か白かの踏み絵を踏ませて、忠誠を誓わない人達は排除しました。

だったら外来生物法のときと今の違いは何か!? 外来生物法のときは、大多数のメディアがグルになって、バスの特定外来生物指定は正義だ、環境大臣がやってることは正しい、それに逆らうバスアングラーと釣り業者は悪者だと大々的にキャンペーンしました。なぜそうなったかと言うと、メディアが外来種悪者論にはめられて、バスがメダカを食ってるなどというトンデモ本やその著者を祭り上げたりして、自分達が言ってたことは間違いじゃないかと気付いても今さら方向転換できない所まで行ってしまってたんですよね。

今そんなことしたら、すぐに間違いを指摘されて突っ込まれます。それにへたな対応をしたが最後、カリフォルニアの山火事みたいに盛大に炎上して、消火不可能になります。もはやメディアの立ち位置としては、事実をできるだけありのままに正直に伝えるか、自分達の立場を鮮明にしてそっち側からの情報として伝えるか、あるいは嘘を嘘と見抜く能力のない人達相手に伝えるかしかありません。

今現在のメディアの勢力は、だいたいこの逆順だと思います。その方が金儲けしやすいですからね。選挙も嘘を嘘と見抜く能力のない人達相手に守る気のない嘘公約を並べ立ててるのが一番効率よく議席を確保できるのかも・・・(泣)


立憲民主党の応援、「保守」小林よしのり氏や新右翼も(asahi.com 17/10/1 5)http://www.asahi.com/articles/ASKBG7G18KBGUTFK00Z.html?iref=comtop_8_01

小林よしのり氏「枝野氏の方がもっと保守」絶叫応援(nikkansports.com 17/10/14)https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201710140000629.html

小池氏「安倍1強しがらみだらけ」 滋賀・彦根で演説(京都新聞電子版 17/10/14)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20171014000120

ニュースのこっち側 小池は小池 #リメンバー外来生物法(17/09/30)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-3040.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ