FC2ブログ

秋田で全国内水面漁業振興大会 #リメンバー外来生物法

全国内水面漁業振興大会

「大会では・サクラマスの資源回復、鮎などを食べてしまう外来魚やカワウへの対策、水辺での釣り客を増やすための環境整備など7つの議案が提出され全て採択されました」

内水面漁業の振興へ 大会宣言を採択(秋田県)
(日テレNEWS24 17/10/18)http://www.news24.jp/nnn/news86112585.html

外来魚の対策って駆除するから助成金よこせってことでしょ!! 全内漁(全国内水面漁業協同組合連合会)はリリース禁止も強行に押し進めてますよね。川の釣り客が減ったのは、その影響も大いにあると思います。そういうことをやりつつ、釣り客を増やすための環境整備って、アホですかぁ〜!?

って言うか、全内漁は10万を超える反対のパブリックコメントと100万を超える反対署名を無視して当時の環境大臣で現失望の党代表(野望→希望→絶望→失望 イマココ)がバスの特定外来生物指定を強行したときに、一緒になって指定を推進した利権団体ですからね。バスとギルは延長審議に傾いてたのが一転したのは、環境大臣が震え上がる程の恫喝をしたからだとも言われてます。

ダム建設や何やかやで川の自然を切り売りするときには、地元漁協の補償金交渉の窓口役でもあります。もちろんボランティアなどではなく、それが仕事だから補償金の中抜きがあるのは当然です。川で釣りをする人が減ったのは自業自得やろ!!

駆除は何が何でもするなとは言わないけど、趣味でなく助成を受けてやるんだったらコストパフォーマンスを考えて、事後調査もちゃんと実施しつつやらないと、無駄が多過ぎて単なる税金の垂れ流しになってしまいます。バスアングラーを迫害するだけで効果のないリリース禁止は今すぐやめるべきです。そういう釣り人の意見を聞かず、釣り客は増やしたいって、話が美味過ぎますわぁ〜(泣)

P.S.>衆院選に絡んで「昔のことをいつまでも・・・」と言ってる人がいるみたいですが、外来生物法とそれが環境政策を歪めた影響は昔の話ではなく今も続いてることです。その大きなきっかけを作ったのが当時の環境大臣ですから責任は逃れません。#リメンバー外来生物法!!


関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ