FC2ブログ

水深70mの琵琶湖底で土器の撮影に成功!!

琵琶湖北湖る面尾崎沖水深約70mの固定で撮影された土器

「撮影地点付近では、飛鳥時代以降の新しい時代の土器が特に多く見つかっており、矢野教授は『さらに沖にある竹生島の信仰との関係で、民衆が土器を意図的に沈めた可能性もある』と話している」

琵琶湖の湖底遺跡で土器撮影 立命大グループ、水深70m
(京都新聞電子版 17/12/26)http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20171226000160

蛸壺ではありません。琵琶湖北湖(ほっこ)の葛籠尾崎沖水深約70mの湖底に沈んだほぼ完全な形の土器です。立命館大の研究グループが水中ロボットを使って撮影に成功しました。直径約20cm、高さ30〜40cmで7世紀頃の土師器の甕と推定。撮影と同時に正確な位置や水深も記録されました。こういうのってNHK好みだから、そのうち番組が放送されるかもしれませんね。そう言えば琵琶湖でがんばってた潜水ロボ淡探はどこ行ったんやぁ〜!!

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ