FC2ブログ

カイツブリが減った本当の原因

野洲のおっさんカイツブリ

「ヨシ帯の面積が小さくなるほど生息する割合が減少傾向にあることが裏付けられた」

希少種の水鳥カイツブリ、ヨシない場所でも木の枝など巧みに利用 琵琶湖博物館調査
(産経ニュース 18/01/16)http://www.sankei.com/region/news/180116/rgn1801160048-n1.html

琵琶湖博物館が公募したフィールドレポーターによる調査で、カイツブリはヨシ原が広大なほど多く、人口が集中してる湖岸では少ないことが判明。つまり、公共事業でヨシ原をつぶしたことと人が増えたことが減少の原因なわけです。「県のレッドデータブック(平成27年版)で希少種とされている」とは言っても、琵琶湖にはたくさんいますけどね。それを減った減ったとヒステリックに訴えてる人達は、雛がバスに食われたとも言ってました。食われるとこ見たことあるんか・・・!?

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ