釣りビジョンの業務委託で架空取引

釣りビジョンロゴ

「12月末を期日とした大口クライアントの売掛金の入金不足があったため、当該クライアントに対する入金の督促や、業務委託先企業に対して状況の確認を進めていたところ、平成30年1月中旬に、業務委託先企業の代理人弁護士より釣りビジョンに対して、長年にわたり業務委託先企業が架空取引を行っており、クライアントからの取引上必要な書類の偽造、印鑑の偽造等を含む各種不正行為を行っていた旨の説明がなされました」

ブロードメディア、連結子会社釣りビジョンの映像受託制作取引で架空取引が判明 30日に予定していた3Q決算発表も延期に 過年度決算修正の可能性も
(Social Game Info)http://gamebiz.jp/?p=202934

記事を精読してもややこしてくよくわかりませんが、この書き方だとやらかしたのは業務委託先企業ってことでしょうか!? 釣りビジョンが大口クライアントから受けて、下請けの業務委託先に投げて中抜きしてる仕事で、「クライアントからの取引上必要な書類の偽造、印鑑の偽造等を含む各種不正行為」が発生。書いてある通りに読むと、下請けが発注書類などを偽造して仕事を不正に盛ってたということになります。

12月末シメの売掛金に入金不足があったというのは、クライアントはそんな発注をしてないから支払わない、たぶん請求がおかしいことに気付いたのかもしれません。そこで何が起こってるのかと調べ始めたら、業務委託先の弁護士から「あかんことになってますわぁ〜!!」と説明があったと、そんなとこでしょうか。つまり委託先が粉飾決算で業績をごまかそうとしたという話になりますが、当たってるでしょうか!?

普通、請求書には明細を付けるけど、クライアントからの発注書類を偽造してたら釣りビジョンには嘘でもばれません。発注元のクライアントも大きな会社だったら、どこかの部署が発注したんだろうと気付かなかったのかも・・・。そんなことが10年も続いて、ついに発覚。規模が10億円単位では大相撲協会みたいに内々で処理するわけにもいかず、自社もクライアントもなるべく炎上しないようにきれいな筋書きに清書して提出したのがこの「適時開示資料」なんじゃないかとかなんとか妄想が膨らみます。

この大手クライアントと業務委託先って、どことどこなんでしょうね。気になるなぁ〜。まぁフィッシングショーOSAKAへ行ったらわかるでしょうね(笑)


関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ