FC2ブログ

ウナギを食べ続けていいのか!? 水産庁と自然保護協会の意見が真っ向対立

ウナギ(いらすとや)

「―― 消費者が購入を控えることに意味はありますか、それとも気にせず購入した方が良いですか。

水産庁:あまり意味はないと思います。ニホンウナギの個体数が減少してきているのは間違いありませんが、現時点ではその要因が特定されていません。減少の原因の可能性としてあげられているものに、海洋環境の変動、生息環境の悪化、過剰な漁獲の3つがありますが、原因が過剰な漁獲以外であった場合、仮に禁漁にしても個体数は増えません。(改行)また、禁漁にすれば養殖業者の多くは事業を続けられなくなるため、ウナギの食文化自体が消えてしまいます。水産物は持続的に利用してくことが重要なため、原因が特定できていない状態で消費者が購入を控える必要はないでしょう。

日本自然保護協会:意味があると思います。個体数減少の要因が所説あり現状でははっきりしていません。複合的にいくつもの要因がからんでいると思います。(中略)はっきりとした原因が分からない今は、予防原則にたって、ウナギの保全を最優先で考える必要があります。ウナギにかかわる業者の皆さんにはきついかもしれませんが土用の丑だから食べるという程度なら、わざわざ食べるということはしない方がよいとは思います」


結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか 水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた
(ねとらぼ 18/02/04)http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/01/news160.html

完全に意見が対立してしまってますが、水産関係者に金儲けさせることを唯一の目的として存在する水産庁の立場は鮮明ですね。自分達が守るべき利権のためなら、予防原則を盾に取って憲法がすべからく国民に保証する幸福追求権や表現の自由、財産権を侵害するようなことを科学的根拠もデータも証明もなく平気でやるくせに、穫れなくなってることが明白なシラスウナギは「持続的に利用してくことが重要なため、原因が特定できていない状態で消費者が購入を控える必要はない」などとアホな主張をするわけです。そこには自然保護協会が寄って立つ予防原則の欠片もありません。つまり、あるときは予防原則と言い、またあるときは予防原則なんかより持続的利用が大事だと言う、予防原則という便利な言葉を自分達の都合に合わせて使ってるだけです。アホ相手の多数派工作で生き存える水産庁の本質が実によくわかりますね。そんなんで資源保護なんかできるわけないやろ・・・(泣)

ニュースのこっち側 ウナギが穫れない!!「一体どうなっているのか」じゃねぇだろ(18/01/31)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-3638.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ