FC2ブログ

ニュースのこっち側 今度はふなずしドレッシング!! 石山寺の土産物店が商品化

ふなずしドレッシング

「ふなずしの香りが苦手な方にも、健康に良いふなずしを味わってほしい」

ふなずしをドレッシングに 大津の土産物店「至誠庵」
(ChunichiWeb滋賀 18/11/08)http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20181108/CK2018110802000040.html

こういう風に言えば言うほど、やっぱりふなずしって臭いんだ〜!! と刷り込まれてしまいますよね。バスのことを湖のギャングだの何だのと悪印象を散々植え付けておいて、後から食べましょうと言っても受け入れられないのと同じです。まぁ土産物屋のおばちゃんが言ってることだから、こうなっても仕方ないのかもしれませんが、これがプロのやってることだったら素人以下です。例えば次の記事なんかはどうでしょう・・・!?

「琵琶湖大橋以北の北湖と比べて南湖は水深が浅く、カナダ藻などの水生植物が至る所に生え、そのすべてが産卵に適した環境となっている」

熱戦の舞台は“ワールドサイズ”のバスが眠る琵琶湖へ/AbemaTV WORLD CHALLENGE
(Abema TIMES 18/11/08)https://abematimes.com/posts/5144604

すでにあちこちにシェアされてる記事ですが、さらっと「カナダ藻などの水生植物」と書いてしまってます。琵琶湖南湖(なんこ)は在来の水生植物もたくさん生えてるんですけどね。こう書いてしまったら、琵琶湖のことをよく知らない普通の人は、あぁやっぱり琵琶湖は外来のカナダモが多いんだと思ってしまうんじゃないでしょうか1?

これ、Amebaの番組宣伝ですよね。だったらわざわざこんなこと書く必要ないやろ!! 「カナダ藻などの」はまったく不要です。記事に信憑性を持たせるために水生植物の具体名を出したいんだったら、ほかにいろんな在来種も挙げて現実のイメージに近付けるべきです。そういうことができるだけの知識もなく、細かいところまで神経が行き届かない金儲けだけが目的のアホメディアが琵琶湖へ来たらどうなるか!? ただでさえ立ち位置が危うい琵琶湖のバスフィッシングを今以上にヤバくするなよ!!


AbemaTVが売上高を初公開。'18年度は63億円で、来期は「倍増以上」(Impress Watch 18/10/29)https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1150329.html

ニュースのこっち側 古くて新しい「チーズふなずし」を食べてみた(18/11/04)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-4877.html

ニュースのこっち側 ふなずしの飯使用のゼリー飲料に続いて今度は和菓子を開発(18/01/07)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-3525.html

ニュースのこっち側 ふなずしの飯使用のゼリー飲料(17/02/31)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-3498.html

琵琶湖なう イズミヤ堅田店がやっちまったぁ〜!! 鮒ずし味ポテチ1袋78円 2袋なら150円の特売セールで試される琵琶湖愛(17/12/03)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-3360.html

ニュースのこっち側 ふなずしイベントが続々!!(17/02/21)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-1849.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ