FC2ブログ

今夜の魚料理 ヨロリの塩焼き

ヨロリの塩焼き

クロシビカマスのことを紀南ではヨロリと言います。この名で呼ぶ所は多いみたいで、ネット検索したら普通に出てきますね。深海のアコウダイ釣りで一番よく釣れる外道がトウジンで、その次に多いのがヨロリ。ほかに小さなサメなんかも掛かってくるけど、本命のアコウダイはなかなか釣れません。トウジンとヨロリは外道でもけっこう美味しくて、トウジンは昨夜、アコウダイと一緒に刺身と鍋にして食べました。

ブツ切りにして塩をしたヨロリ
ブツ切りにして塩をしたヨロリ

ヨロリを持ち帰ったのは今回が初めてです。小骨が多いから骨切りした方がいいという説と、そのままでも大丈夫だという説があって、だったらどれぐらい小骨が多いか確かめてみようと、ブツ切りにしてオーソドックスに塩焼きと煮付けにしてみることにしました。

ヨロリの塩焼き
ヨロリの塩焼き。スダチを搾っていただきます

今夜は先に塩焼きと昨夜の残り物の雑炊をいただきます。塩焼きはふっくらとした身に脂がよく乗って、焼いてる最中にポタポタとしたたり落ちるぐらいです。ギュッと搾ったスダチが淡泊な味によく合って美味しいですね。

ヨロリの塩焼きとアコウダイの雑炊
ヨロリの塩焼きとアコウダイの雑炊

問題の小骨は、体表近くに長さ3〜4cmぐらいの細い骨が斜めに通ってます。腹骨の細いのが表面にある感じだから、除けながら食べるのはかなり面倒。身の塊をパクッと口に入れて、骨が当たれば出す感じで食べれば、行儀はよくないかもしれませんが大して気になりません。西京漬けや一夜干しにしても美味しそうだから、次に釣れたら試してみますね(笑)

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ