FC2ブログ

今日の魚料理 たこや喜げんばのタコ焼き

屋台には長い行列が・・・

フィッシングショーの昼ご飯は何を食べようか毎回迷いますが、今年は最初から決まってました。たこや喜げんばがまんぷく屋台村に出ると聞いたら、食べないわけにはいきません。というわけで一般公開の2日連続お昼はタコ焼き。初日はひさしぶりに食べたから、勢い余って写真を撮るのを忘れるという大失態をやらかしてしまいました(笑)

2日目の今日は満を持して、と言うか昨日も食べたから少しは余裕を持って、ガツガツしないで忘れず写真を撮りました。iPhoneで写真を撮るのなんか、ほんの一瞬で終わる仕事なんですけどね。食べ物があまりにも美味しそうだと、撮り忘れることがたまにあります。2日連続で今日も行ったのは、昨日のミスをカバーするが半分の目的です。


たこや喜げんばのタコ焼き

たこや喜げんばのタコ焼きは、外はしっかり焼けてて、中はトロッとしてて、生地に味があって、タコもコリッと美味しくて歯応えが気持ちいい、タコ焼きの王道をしっかり押さえてます。タコ焼きにもいろんなバリエーションができたけど、フワフワとか脂コテコテと違って、大阪で子供の頃から食べて育ったタコ焼きを完成形にしたらこうなるというタコ焼きです。まぁ僕が勝手にそう思ってるだけですけどね(笑)

それと、焼いてる職人さんの練達の技がすごい!! 材料やタコの切り方なんかは真似しようと思えば猿真似パクリコピールアー程度には真似できるかもしれませんが、あのスピードで焼かないと同じように外はしっかり、中はトロトロには仕上がらないのかもしれません。つまり、量産するためだけの早技ではない、美味しさの秘密の一端を垣間見たんじゃないかと、撮影したムービーを見て改めて思いました。


練達のタコ焼き職人 両手を使って猛スピードでひっくり返してます

どんな分野でも本物のプロってすごいですね。素人には決して真似できない、練達の技がそこにはあります。それに比べて、ホール内のあちこちでやってるアレはいったい何やねん!? メディアの主役があっちからこっちにかわるにつれて、年々ひどくなっとるやないかぁ〜(泣)



関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ