FC2ブログ

ニュースのこっち側 池の水ぜんぶ抜いた成果と嫌われ度合い

第12回木曽川上流自然再生検討会

「テレビ番組の撮影で外来魚駆除のために池の水を抜く作業中、在来魚が大量死した羽島郡笠松町の木曽川河畔のトンボ池について、同事務所は昨年夏の調査ではトンボの生息状況には大きな変化は見られなかったと報告した」

トンボの生息に変化なし 池の水抜き撮影で在来魚大量死
(岐阜新聞Web 19/02/09)https://www.gifu-np.co.jp/news/20190209/20190209-112814.html

「トンボの生息状況には大きな変化は見られなかった」というのは、予想以上の人が集まってむちゃくちゃな水抜き駆除をしたけど、トンボが減ることはなかったと言いたいんでしょうね。こういう場合に意見を求められる「河川工学が専門の藤田名誉教授をはじめ、哺乳類、河川生態、昆虫類、植物、魚類の専門家計6人で構成」された「木曽川上流自然再生検討会」っていうのは、行政や環境保護が趣味の人達の都合による人選で構成されてるから、結論は常に予定調和的で都合の悪いことは絶対言いません。漁業調整委員会や漁場管理委員会の学識経験者が漁業者の代弁者にすぎず、委員会構成が非漁民に圧倒的に不利で漁業者の好きにできるようになってるのと同じです。そんな検討会が言ってることだから適当に聞き流しておくとして、象徴的なのは「在来魚が大量死した」と岐阜新聞が断定的に書いてることです。新聞がここまで描くのは相当ですよね。その結果、下の記事のような影響が出てきてるわけですから、努力は無駄ではありません。マイナー局が必死で視聴率に食らい付いてるヒット企画にも、いよいよ無理が鮮明になってきてるのかもしれませんね(笑)

『池の水ぜんぶ抜く』低視聴率回続出! マンネリ化した内容よりも「“外来種いじめ”に嫌気」が原因か(日刊サイゾー 19/02/08)https://www.cyzo.com/2019/02/post_192446_entry.html

ニュースのこっち側 利根川とつながった「池の水ぜんぶ抜く」で予想通りハクレン登場(19/01/30)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-5268.html

ニュースのこっち側 「池の水・・・」について聞かれた高校理科研究部長が正論をぶちかます(19/01/10)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-5176.html

ニュースのこっち側 ゲンゴロウブナも外来種!! 名古屋の公園池で水抜き駆除(18/12/18)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-5078.html

ニュースのこっち側 「すでに多くの生き物が食べられている可能性が高い」って調べもせず言うなよ(18/12/14)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-5055.html

ニュースのこっち側 文春砲が直撃!! 池の水ぜんぶ抜いて大量虐殺(18/11/01)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-4864.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ