FC2ブログ

今夜の魚料理 シイラの子の煮付け



魚卵を積極的に食べることは推奨したくありません。減った減ったと騒いでるフナやモロコがお腹に卵をいっぱい抱えて接岸して来るのを待ち構えて集中的に獲ってるのなんかは言ってることとやってることが完全に矛盾してます。マグロやウナギも積極的に食べようとは思いません。目の前に出されたのを拒否まではしませんけどね。原理主義者ではありませんから・・・(笑)

8月26日のWILDCATはシイラが入れ食い
8月26日のWILDCATはシイラが入れ食い!! 出血したり傷付いたりして弱ったのを8尾だけキープしました

WILDCATでカジキ釣り中にシイラがたくさん釣れました。逃がせるのは逃がして、出血したり傷付いたりして弱ったのを8尾だけキープしたんですけど、今の時期にしては珍しく4尾は立派な子を持ってました。積極的には食べないけど、殺してしまったものは美味しく食べてあげるのが釣り人の義務です。ゴミ箱みたいな容器に入れるのはアタマオカシイ人達にお任せして、シイラをさばいた初日は子を炊くことにしました。

キープした8尾のうち4尾が立派な子を持ってました。一番手前のオレンジ色のが絶品と言われるシイラの子です
キープした8尾のうち4尾が立派な子を持ってました。一番手前のオレンジ色のが絶品と言われるシイラの子です

シーズン初期の粒が視認できるかできないかぐらいのシイラの子は絶品です。上の写真の一番手前のオレンジ色のやつがそうですね。今は時期が遅いから、ほかは粒がかなり大きくなってます。こうなると美味しくないと言われてるんですけど、ものは試しで一緒にいただきます。

潮を多めに入れが熱湯で軽く湯通しします 塩を多めに入れた熱湯で軽く湯通しします

塩を多めに入れた熱湯で軽く湯通ししてから取り上げ、水をよく切ってから、ひたひたになるぐらいの煮汁に入れて落とし蓋をして炊きます。魚の身やアラを炊くときみたいに煮詰めないで、10分ぐらい軽く炊いたら火を止めて、自然に冷まして味を染み込ませます。冷めたら煮汁から取り上げて一口サイズに輪切りにし、煮汁は軽く煮詰めてから切った子に掛けてさらに味を含ませたらできあがりです。

水が切れたら今度は煮汁で炊きます、魚の身やアラを炊くときみたいに煮詰めず、10分ぐらいで人を馬手自然に冷まして味を染み込ませます
水が切れたら今度は煮汁で炊きます、魚の身やアラを炊くときみたいに煮詰めず、10分ぐらいで人を馬手自然に冷まして味を染み込ませます

確かに小粒の子の方が美味しいけど、そこそこ粒が大きくなっててもまぁまぁ食べられます。これを美味しくないからと捨てるのはもったいないですね。食べないんだったら最大限の逃がす努力をして、それでも死んでしまったのだけ持ち帰って、最大限美味しく食べる努力をする。そのための工夫をこれからも続けたいと思います。

できあがりました!! シイラの子の煮付けです
できあがりました!! シイラの子の煮付けです

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ