FC2ブログ

ニュースのこっち側 琵琶湖と瀬田川の境界はJR鉄橋の上流300m付近 鉄橋に航行禁止の看板 どちらが正解なのか水上警察に聞いてみた!!

琵琶湖の瀬田川の教会を示す看板

中日新聞の記事が言ってる境界とは、琵琶湖を管理する滋賀県と瀬田川を管理する国の縄張りの境目、つまり行政上の「河川管理境界」のことですが、常識的にはJR鉄橋から下流が瀬田川だとされていて、動力船の航行禁止もJR鉄橋を越えてはダメと思ってる人が多いんじゃないでしょうか!?

琵琶湖水上安全条例による動力船航行禁止は次にように規制してるんですが、琵琶湖と瀬田川の境目がどこかは明示してません。

期間 3月1日から11月30日まで
水域 瀬田川洗堰から上流の瀬田川の水域
制限事項 総トン数5トン未満の動力船で、主として遊覧、競走および練習のために使われるもの(水上スキーの類を含みます。ただし、艇庫等への出し入れと旅館業等を営む人が遊漁行為として航行するときは、除かれますの航行が禁止されています

近江大橋以南の琵琶湖と瀬田川

条例に書かれてないからには、別の規定、この場合は行政上の管理境界が境目になるはずなんですけど、実際にはJR鉄橋に航行禁止の看板があります。だからこそ常識的に鉄橋から先は進入禁止とされてるわけで、これはわかり難いですね。はたしてどちらが正解なのか!? 大津警察署水上派出所に電話して聞いてみました。

回答は、厳密には鉄橋から約300m上流の境界から先が航行禁止になるそうです。即座に回答があったから、水上警察もこの問題を認識してるのは間違いありません。過去に何か問題になるようなトラブルがあったんでしょうか!? まぁそこまでは突っ込んで聞きませんでしたが・・・(笑)

問題は航行禁止の看板がJR鉄橋にあることなんですけど、看板を設置するのに適当な物がなく、岸に看板を立ててもボートからは認識不能なため、鉄橋に看板を設置したという話でした。それもずいぶん昔のことなので、看板が設置された当時の事情は今となってはわからないとのことです。

取り締まりについては...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ