FC2ブログ

今夜の魚料理 イラギの味醂干しとヨロリの干物

イラギの味醂干しとヨロリの干物

昨日のサンマとアジの丸干しに続いて、今夜はイラギの味醂干しとヨロリの干物です。イラギはサメのことで、串本の近くの古座で作られる味醂干しは地元ではよく知られてますが、生産量が少なくて広くは流通しません。味醂ダレがよく染み込んだ透明感のある飴色の身を火で焙ると、甘みと旨みと香ばしさが濃厚かつ絶妙のバランスで味と香りに現れます。サメ特有の癖をまったく感じないのが不思議なぐらいです。そのあたりの製造法が、生産量が増えない理由かもしれません・・・。

イラギの味醂干しとヨロリの干物 弱火で慎重に焼いてます

ヨロリはクロシビカマスで、三輪崎沖でもアカムツやオコゼ釣りの外道で釣れますが、これは九州で干物にしたのを仕入れてるそうです。見た目で単純な干物かと思ったら、そうではなくこれも甘みのあるタレを軽く染み込ませてあって、焼いたら身の感じが一気にかわります。昨日の丸干しと違って、今日は弱火でよく温めたフライパンで慎重に焼いたけど、それでも軽く焦げてしまいました。味醂干しは味噌漬けと同じで一瞬で焦げるから焼くときに目が離せません。まぁ表面が少し焦げただけだから、どちらも美味しくいただきました。冬の冷たい風に当てた干物は、海と潮風と太陽の恵みですね(笑)

今夜の魚料理 サンマとアジの丸干し(20/01/11)http://bassingkawaraban.blog.fc2.com/blog-entry-6801.html

関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ