FC2ブログ

琵琶湖の天気まとめ(2月15日18時)春っぽいまとまった雨!! 明日から爆弾低気圧で真冬に逆戻り



昨夜半から降り始めた雨が次第に強まって午後まで降り続きました。瀬田川洗堰の放水量は毎秒50トンから150トンに増えましたが、琵琶湖の水位は未明から上昇が続いて15時50分にプラス11cmに達してます。雨が降り始める前の同4cmから今のところ7cmの増水です。アメダス大津の最低気温は4時21分に10.5度で昨日より5.6度高く暖かい朝でした。最高気温は14時53分に15.0度で、予想の13度より2度高く心配した程冷えてません。湖上は朝から北西の風が次第に強まってアメダス南小松の最大瞬間風速は12時55分に西16.1m/s、彦根は11時1分に同12.8m/s、大津は14時48分に西北西13.0m/sで荒れてます。建国記念の日から昨日まで4日連続のいい天気から一気にかわって、これからさらに荒れてきそうです。

2月16日(火)9時の予想天気図

日本海と南岸沖を東進中の低気圧が明日(火)にはオホーツク海まで進んだ所で合体して急激に発達。中心気圧が24時間で40hPa以上下がる爆弾低気圧になって北日本は台風並みの大荒れ予想です。冬型気圧配置が強まって寒気が南下。滋賀県北部は曇り空で雨や雪の降る所がありそう。南部は晴れそうですが、初めのうち北西の風が残りそうだから釣りは要注意です。明後日(水)から明々後日(木)は強い寒気が流れ込んで北部を中心に大雪の恐れがあります。彦根地方気象台発表の「大雪に関する滋賀県気象情報 第1号」によると、明後日18時までに予想される24時間降雪量は多い所で北部の平地10〜20cm、山地20〜40cm、南部の平地0cm、山地5〜10cm。さらに明々後日18時までに予想される24時間降雪量は多い所で北部の平地30〜50cm、山地50〜70cm、南部の平地10〜20cm、山地20〜40cm。気温も下がって厳しい寒さになりそうです。いい天気が続いたら反動がきついですね・・・(泣)

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ