fc2ブログ

ニュースのこっち側 「大切にすべき野生生物」と「やっかいもの」

滋賀で大切にすべき野生生物 滋賀県デッドデータブック2020年版

「定例記者会見で同書を紹介した三日月大造知事は『野生動植物への理解と関心を高めてもらい、県の自然環境の望ましい将来像が県民、事業者、NPO、行政の間で共有され、生物保全の幅広い取り組みの一助となれば』と述べている」

滋賀県で大切にすべき野生生物」2020年版発刊(滋賀報知新聞ネット版 21/05/05)

「県の自然環境の望ましい将来像」って、一体何なんでしょうね!? 例えば福島の公園池で行われた「池の水ほとんど抜いてみた大作戦」の参加者の一部にとっては、バスやギルはいなくてヘラやコイはいるのが望ましい環境なんでしょうけど、それが本来の環境や生態系かと言うと、まったくそんなことはありません。ヘラは琵琶湖のゲンゴロウブナを飼育改良した人工品種の国内移入だし、コイもだいたいは大昔から日本にいた種類とは違ってますからね。この水抜きイベントでは、駆除する魚と戻す魚は好みで選ばれたとしか思えません。

琵琶湖は総合開発で超巨大なダム湖に改造されてしまってるから、「自然環境」であるかどうかすら疑わしいことになります。サイボーグのどこまでが機械化されてるか、草薙素子かバトーかトグサか荒巻課長か、そういうことを考えないまま自然環境とか言ってるのは思考のレベルが低過ぎます。あるいは人の体の一部は残してサイボーグを自称してるけど、頭の蓋を開けたら脳はなかった、タチコマかぁ〜!? なんてことになってるかもしれませんからね(笑)

そんな琵琶湖で億単位の莫大な税金を遣って駆除や藻刈りをやってるわけですが...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ