fc2ブログ

ニュースのこっち側 駆除歴20年の外来魚ハンターって今はどこの何者!?

皇居外苑の外来魚駆除

「この時期は、ブルーギルの稚魚は固まって泳いでいます。そこに電気を通すとワーッと浮いてくる。鯉やフナといったもともといる魚を感電させず、外来魚を効率的に捕獲するには、後ろで舵(かじ)取りをしている船頭さんとの意思疎通が重要になります」

コイやフナが元々いた魚かどうかは簡単に判断できませんね。外来魚以外は感電させないんじゃなくて、感電して同じように気絶するけど、網ですくって捕獲せず、放置して自然蘇生させるだけです。琵琶湖ではビリビリの通過後に、蘇生できないまま死んで浮いてる在来魚がしばしば確認されてます。それは電圧の管理がちゃんとできてない現場の責任だから知らん、とか言うかもしれませんが、そんなことになる種を撒いたのはお前やろ!!

上の短い文章の中にも、これだけの疑問が浮上するんですが、記事にはさらに大きな謎があります...

※記事の全文はブロマガを購入してお読みください。月間購読なら980円で記事を単体で購読いただくよりお得です。Bassingかわら版はバスアングラーの皆さんのためのメディアです。自由な情報発信と中立、公正、公平を貫くため特定企業、団体からのスポンサードを受けることなく運営しています。これからも情報発信を続けていくために、ご購読をよろしくお願いします!!

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
プロフィール

びわこおおうなぎ

Author:びわこおおうなぎ
琵琶湖発バスフィッシング情報 Bassingかわら版Blogへようこそ!!

Bassingかわら版Twitter
最新記事
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
釣りと環境とメディアの本
Sponsored Link
Sponsored Link
おすすめ Goods
超ヘビーユーザー愛用
iPhone防水ケース


ケイタイサイズの
デジタル風速計

<インプレッション>

釣りと天気の本
ウエラブルカメラ特集














RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ